9.16 発掘

 妙にごっちんコンのチケ運がいいミハルオーです。こんばんちわりんっ♪
 ココで運を使っちゃって超渋メロンのチケがはずれるのは避けたいなぁ。。。

 今日はちょっと調べものがあって、色々とググッていたんですが、
 そうしたらたまたま99年の秋の娘。コンのレポートに当たりまして。

 まずはそのセットリストをご覧下さい。

 1.LOVEマシーン
 2.真夏の光線
 3.パパに似ている彼 (以上、モーニング娘。)
 4.乙女の心理学(メガネーズ)
 5.ラストキッス
 6.聖なる鐘がひびく夜 (以上、タンポポ)
 7.カラスの女房
 8.捨てないでよ
 9.純情行進曲 (以上、中澤ゆうこ)
 10.Start!
 11,あなたの夢になりたい
 12.scene (以上、平家みちよ)
 13.Memory青春の光
 14.21世紀
 15.NIGHT OF TOKYO CITY
 16.Happy Night
 17.サマーナイトタウン
 18.抱いてHOLD ON ME!

 EN1.ふるさと
 EN2.ダディドゥデドダディ!(以上、モーニング娘。)

 ・・・先生! 3万払ってもいいですからこのコンサートを見に行きたいです!。・゜(ノД`)゜・。
 何で昔のオイラはもっともっと娘。コンに行かなかったのか! バカバカバカ!!!
 しかしこの頃のオイラは学生か。そうか。 

 学生は、暇はあれども金がなし。社会人は、金はあれども暇がなし。
 それがいつの世も常であるわけで。気付いたときにはもう遅いと。

 しかしこのツアーってよく考えてみるとごっちんが初参加したツアーですよね。
 当時のASAYANを見てた人は当然覚えてると思うんですが、
 ステージデビューを直前に控えた彼女が、ステージ裏にて、
 まるで死期を悟った死刑囚のような目をして
 「どうせ失敗するんですよ・・・」ってボソリと漏らしたのが4年前。

 そして今。
 一人でステージに立って、いきいきと輝いていた彼女を思いだして、
 なんか改めてじわじわと感慨深げなモノが心の中に広がってきました。

 彼女の土台を築いた「モーニング娘。」ってやっぱりすげーな、と。
 同時にココまでのストーリー性があるからこそ、自分はココまではまったんでしょうけどね。

 しかしホントに最近予告通りに日記を書かないですね(汗。
 お楽しみにされてる皆様には大変申し訳ないです。ごめんなさい。

 【お礼】
 昨日の日記に書いた「メロンメロン」の音源ですが、無事に入手できました。
 ご丁寧にもご連絡をして下さった、コイツさん、しんさん、 ハレルヤさん、HINA.さん、ぽかずさん、
 真緒さん、マベさん、maruumeさん(五十音順)、どうもありがとうございました。


               9.17 「約束は破るためにある」・・・本当にすまぬ。

 断然リス柴派のミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 えぇ、各所で柴ちゃん写真集の感想がちらほらと出てきていますが、
 こちとら画像を踏まないようにサーフィンするのに必死でして。
 ファーストインパクトで華麗に萌え氏ぬのがやはり柴ヲタとしての使命ではないかと。

 ていうか、このサイパムロケというのは、柴ちゃん@オソロに曰く、
 8月半ばに行われたそうじゃないですか。

 もろ夏メロンの時期にかぶっとります。

 たかだか2週間の期間しかないツアーなんだから、
 そこはそれだけに集中させてあげればいいのに、とふと思ってしまいます。

 オソロと言えば、もう早くも来週が最終回。
 まさか全員集合しないとかいう罠は待っていないよな、と念を押したくもなりますが。
 あと1回くらいしばりかラジオを聴きたかったにゃあ、というのが正直な感想。

 ところで。
 13日の夜、ごっちんコン後のオフに参加された方の日記を見てますと、
 「誰が誰やら」という声が非常に多く(笑、幹事としてそれはどうなのかと。
 とはいえ幹事とて全員を把握しているわけではないのも大問題なのではあるが(汗、
 とりあえず知っている分だけageます(サイトを持ってると認識している方はリンクを張ります)。

 「いたのにいないことになってる!」とか
 「サイト持ってるのにリンク張りやがらねえ!」などの無礼が生じた場合、
 ご連絡いただければ次回更新時に可及的速やかに対処させていただきます。
 ちなみに総計ジャスト20名のご参加でした。

 aro。(亜弥ιぃ美学。)、UMZ(Z)(僕クッキー)、きゃる2(なつみすまいる。)、シロタ、
 丹沢(Blink-O-Matik)、D.亜依.J.のピストル(亜依國精神)、TK(モー神通信。)、
 ひさたろ(ゴマんエツ)、羊(いい子どこの子名張の子)、ふじむら(道重サイト)、プリンス、
 ぽかず(3110-13)、まるぼろ(yagu_mari)、みく(Miku-Mode-A)、みなと辰巳(天上の飛鳥)、

 他4名&ぼく(敬称略・五十音順)。
 思えばよう集まったもんだと(w。
 適当に厚生年金会館前で感動に浸りつつだべってて、
 「ほんじゃ飲みに行く人、行きますかー」って声かけたら
 まぁこんな大所帯になっちゃった、と。ヲタがヲタ呼ぶ雪だるま方式(w。
 よくもまぁ土曜の夜の新宿において飛び込みで20人入れる店が見つかったもんだと。
 まずはその奇跡に軽く酔いました。えぇ。だからハイテンションだったんですね。

 川σ_σ||<ミハさんいつもじゃん

 うん、ナイスツッコミ。

 とはいえ、一応取り仕切った身として、他のテーブルにも顔出して
 挨拶くらいしておくべきだったかな、とちょっと反省。でも楽しかったですよ!

 そういえば岡女第3弾はやはり運動会のようですね。
 下手にパブとか絡めないでほしいなぁ。ヨシコは、、、皆まで言わないでおくか。。。

 それから、柴ちゃん握手会オフに参加ご予定の皆様には、明日中にご連絡差し上げます。
 当方の都合により19:30スタートというあり得ない設定になってしまいましたが
 どうぞおつきあいの程よろしくお願いいたします。


               9.18 死ぬほど疲れて眠いです

 これから10月以降、加速度的に忙しくなってくる可能性が高くなってきました。
 でもね、前々から、この仕事を始めた当初から、ずっとやりたいな、形にしたいな、と思っていたモノが
 ふとしたことから日の目を見ることになり、それに携われるわけですから、
 やっぱりそこは気合い入れて臨まないといけないな、というわけではありますが。

 願わくばいろんな人に気に入ってもらえますように。

 その打ち合わせやら下準備やらおつき合いの飲み会やらで
 毎晩毎晩色々とセコセコやっておりまして、疲れて眠いんですがつらくはないですね。
 スゲー今仕事に対して充実感を感じている瞬間であります。

 というのが再び予告日記延長の言い訳だったりするわけで(^_^;。

 さくら、おとめはこれからの争いも注目ですがとりあえず先手はさくらが取ったと。
 まぁ順当といえば順当の結果と言えるところかな。
 今回は「差別化」が第一の意義だと思う中、
 曲としてはさくらの方が好みではあるけども、おとめを買わないと言う選択もあり得ないので、
 さくらを2枚、おとめを1枚買うといったところに落ち着きました。

 さくらのCDを会社のBGM用CD棚にさりげなく置いてきましたが
 果たしてあれがかかる日はあるのかなぁ・・・。

 【巡回日記】
 こちらのページ(9.15分の日記)に、ぼくが心の底から感動した
 9.14ごっちんコン@東京厚生年金会館夜公演のアンコールMCの
 ほぼ完全な文字起こしが載っております。よろしければどうぞ。
 読んでてまた泣きそうになってきたぽ(w


               9.19 緊張してきたおー

 明日は萌えという大空に旅立ったまま
 帰ってこない予定のミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 遅ればせながら映画の感想を。ネタバレなしの方向で。
 映画としては比較的よくできていたと思います。
 娘。さん絡みの映画だとどうしても、ハードルが低めに設定されるのも
 致し方ないところではありますが。

 ただ、その中でも比較的いい仕事は見られたと思うんですよ。キャスティングを除いては。

 「時間が足りない」というのはどこのサイトでも書かれているし、
 実際ぼくもそう感じたんですが(感情の変化を描くのにはつらすぎる)、
 その中でも、特に17歳においては、無理矢理に大団円に持っていくこともなく、
 ただひたすら「ある一片」を切り取って、それを作品として提示している。
 そこが感銘を受けた点でした。

 ハッキリ言ってつんく本人が書いたストーリーって今までいくつかありましたけど、
 全部ムリヤりな展開でムリヤリなハッピーエンドで、思わず終演後に
 「ンなアホな!」とツッコミたくなる部分が相当あったのですが、
 今回は双方の作品とも、見た人が補完すると言った形のような「余韻」を
 わざと残してくれたというのが結構嬉しかったですね。

 ただ、ごっちんの方はやっぱり原案にPが絡んでるせいか、
 「おいおい」みたいな部分はやっぱりあったんだけどさ(苦笑。

 でも、ごっちんの演技は凄く自然で、見ているこちらもなんだかニコニコして来ちゃって。
 今までドラマでもパブリックイメージからかなんか知りませんけど、
 やたらツンツンした役が多かった中で、これぞまさに後藤真希! みたいな
 そんな快哉は思わず叫びたくなりましたね。なんせ可愛かったし。
 映画としてもそれなりに楽しめると思います。各種小ネタも結構利いてますしね。

 で、17歳の方なんですが、これはガチできたなぁ、というのが第一印象。
 こっちは普通の作品として充分に及第点をあげられる作品だな、と思いました。
 重複になりますが、大団円を求めず淡々と一片を切り取ることに終始した、
 ということもイイ判断だったな、と思いますし。

 で、この映画を見て気付いたのは、「梨華っちは演技は上手いんだ」ってことですね。
 ちゃんとね、顔はね、入ってるんですよ、役に。
 ただ、それが声だけには伝わらないんだよなぁ。これがマジで残念。
 サイレント映画でこの作品を見たら、普通に「イイ演技するな、この娘。」って評価になると思います。
 すっげー惜しいのな。何でこのコの声はこんなに平坦なんだろう。。。

 で、替わって美貴帝ですが、こっちは意外と期待はずれってのが正直なところ。
 今回の2作品の3人とも、完全に「当て書き(作者が演じる人を知った上で、当てはめて書いていく)」
 な感じがするし、多分実際そうなんでしょうけど、まさにそれに助けられた感じという印象を受けました。
 もうちょっと違う役を演じる美貴帝を見てみたい、という感想を抱きましたね。

 とはいえ、ヲタだったら見に行って損はないんじゃないですかね。
 彼女たちの成長記録の一つとして、心に刻み込むもまた一興かな、と。
 ただ、やっぱり一番好きなのは「ナマタマゴ」ってのに変わりはないわけですが(w。

 話はがらっと変わり。

 ぼくは人様のサイトを見るときには、必ずその書いている人(すなわち背景)を強く意識します。
 それをオフラインで会うことでイメージの補完・修正を図ることがこの上ない楽しみなんですね。
 しかもテキストサイトの管理人さん達って、やっぱり「モノを発信している」人たちですから、
 なんかしらの形でオノレの懐刀を忍ばせているわけですよ。

 それをいつ、どんな抜き方をするか、みたいなさりげない駆け引きが
 初オフの時なんかには(多分自覚はしないんだろうけど)あって、
 その無自覚の緊張感がたまらなくぼくには嬉しいモノなんですよね。

 だから(ぼくがこんなコトを言うのはおかしい気もなんかするけど)、
 あんまり大人数のオフってのはやっぱり知り合い同士で固まっちゃったりしちゃって
 本来の「馴れ合い」という目的を不本意な形で終わっちゃったりすることもよくあって、
 なんだかなぁという感じもするんですよね。

 理想のオフ会の人数ってどの位なんだろうか?
 まぁ集まる人たちの趣味思考というのもこれには多分に影響して来るんだろうけど。

 経験則で言えば、7〜8人くらいが一番いいんでないかというのが暫定的な結論です。
 そして、図らずもその自分的な理想な数で行われるのが明日の
 「柴ちゃん写真集を見て集団萌え自殺オフ(仮称)」ですね。

 というわけで明日は地に足がついてないオイラを笑い飛ばしに来るとイイです。
 もしくは妙に勝ち誇ってるかどっちかだけども。いやな二択ではある。

 ・・・なんだかよくわかんない日記になっちゃったな(´・ω・`)


               9.20 末期症状

 ぼく<ねえママー

 ママ<どうしたの、ミハちゃん?

 ぼく<あくしゅ、ってなぁにー?

 ママ<おててとおててをぎゅってすることよ。

 ぼく<ふーん。そうするとどうなるのー?

 ママ<うーん、そうねぇ。心がポッてなるかなぁ

 ぼく<あのね、もし、すきなひととしたらー?

 ママ<ママならね、すっごく嬉しくて、なんか飛んでっちゃう感じになっちゃうなぁ

 ぼく<そうなのかー・・・。

 ママ<どうしたの、ミハちゃんったら突然そんなこと言いだして

 ぼく<ううん、なんでもないもん(ぷい

 ママ<あ、好きな人いるんだー

 ぼく<そんな人いないもん!o(>。<)o

 ママ<ウソついたってだーめ。お顔が真っ赤よー

 ぼく<う゛〜〜〜〜

 ママ<その好きな子のお名前は?

 ぼく<・・・・・しばたあゆみちゃん。。。。。

 ママ<あら、カワイイ名前ね。ミハちゃんはあゆみちゃんのことが好きなの?

 ぼく<・・・・・(コクリ

 ママ<どのくらい?

 ぼく<うんとね、うんとね、

 ママ<焦らなくていいからゆっくり言ってご覧なさい?

 ぼく<ぼくのへやの、かべの、はじからはじまでよりも、もっともっとすきなの

 ママ<そうなんだー。そんなに好きなのねー

 ぼく<うん。・・・だいすきー

 ママ<あゆみちゃんはミハちゃんのことどう思ってるのかな?

 ぼく<ん〜。わかんない・・・(半ベソ

 ママ<そのあゆみちゃんと握手するんだ?

 ぼく<うん。そうなの。きょうするってやくそくしたんだよ

 ママ<そしたらね、ママがイイコト教えてあげる

 ぼく<なぁに?

 ママ<握手するときにね、一生懸命「あゆみちゃんが大好き大好き」って強く思うの

 ぼく<うん

 ママ<その気持ちを込めて、握手して、あゆみちゃんがニコッて笑ってくれたら

 ぼく<わらってくれたら?

 ママ<それはあゆみちゃんもミハちゃんのことが好きってコトだから

 ぼく<ホント?

 ママ<ホントよ

 ぼく<ホントのホント?

 ママ<大丈夫、ホントのホントよ

 ぼく<じゃあぼく、いっしょうけんめいだいすきだいすきっておもいながらあくしゅするね!

 ママ<そう、それでいいの。でも笑いながらじゃないとダメよ。あゆみちゃんも緊張しちゃうでしょ

 ぼく<うん、そうだね!

 ママ<がんばるのよ

 ぼく<うん、ぼくがんばる! ぜったいあゆみちゃんをぼくのおよめさんにするんだ!

 ▽

 てなコトであまりのテンパリ度に幼児退行も甚だしいミハルオーです。おはちわりんっ♪←強引
 ついに来ました。運命の日。柴ちゃんこと柴田あゆみの握手会。
 前回の写真集握手会では「時間無制限ヲタの我慢の限界まで引っ張れデスマッチ」
 だったわけですが、果たして今回はどうなるコトやら。

 とりあえず整理券は2150までは出てるらしいので、そんなにゆっくりというのも
 期待しすぎるのも酷という感じもしますけど。

 ともあれ、当初3周予定だったわけですが、
 諸々の都合がありまして2周に変更することになりまして。

 それでも、

 1周目にて華麗なるトーク→柴ちゃんをメロメロに
 2周目にてすかさずプロポーズ→握手の変わりに婚約指輪をはめる
 イベント終了後→赤坂プリンスに直行し電撃婚約会見→(゚Д゚)ウマー

 というゴールデンライフプラン(待ったなし)は抱き続けておりますので
 まぁ皆様は適当にハンケチを噛みしめながら「キィィィィ」とか言ってるとイイです。

 じゃ、月曜のワイドショーで! アディオース(バサバサバサ


               9.21 飛び立った!

ご覧、パトラッシュ。
あれがずっと待っていた、柴ちゃんの写真集だよ。
ねぇ。すごいだろ?
ぼくは今、とっても幸せだよ。
だって、だって、こんなに柴ちゃんがいっぱいなんだもの。
もうぼくのハニーパイは摩天楼なんだよ。
・・・ほら、見えるかい?
乱れた天女がぼくたちを迎えに来たよ・・・。
さぁ、行こうよ。。。ピリオドの向こう側へ・・・!


 【注】
 作者が遠い世界に行ってしまってるので温かく見守ってあげて下さい。
 詳しいレポは夢から醒めた時にでも。柴ちゃんカワイすぎ。

 ▽(24:40追加更新 @ ピリオドの向こう側)

 うぎゃー
 柴ちゃんのメロンにメロンメローン!
 世界はラブ&ナァァァァァス!!

 ていうか先生! 汗ばんでおります! ぐああああああああ!!!

 ハイ。いまだ正気に戻っていません。
 昨日も夜遅く帰ってきてちょっとネットつないで(意地で更新して)そのまま寝落ちして、
 そのまま早出で仕事行って13時間ほど働いてきたんで疲れたぽ、でありましゅ。
 近いウチに握手会とか狂ったオフ会のレポは必ず。
 「明日書く」とか言わないのが最近の自分の言動を振り返っての進歩だね。
 文中リンクとかも結構張ってもらってるので張り返しもしたいですし。

 とりあえず稲葉はもう少し空気嫁。
 村っちは相変わらずの好打率。さすがですよ。普通に考えたらあんた間違いなく優勝だよ。
 ていうかそのブッキングが既にスタッフの勝ち。

 もうこの勢いで黙ってアイさが復活させちゃおうよ。頼むよ。
 後悔させないからさぁ。。。。。

 ちゅーワケで今日も柴ちゃんに癒されながら眠らせていただきます。
 おあゆみなさひ。

 #で、なに、里ちゃんの握手会がごっちんコンにさりげなくかぶりそうなの?


               9.22 トップ画と内容が激しく矛盾

 とりあえず「メロン記念日ナチュラル担当・柴田あゆみの魅力」を引き出すということが
 第一の目的なら、前作の写真集の方が上だったと思うミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 もちろん、柴ちゃんの頑張った「結果」に対しては一切ケチは付けませんけどね。
 もう思惑通りに萌えまくり悶えまくり転がりまくりでございますよ。体中既に痣だらけ。

 いやしかし。
 雪を降らせ、台風を呼び、そして挙げ句には地震をも起こした。
 これが柴ちゃんの「魔性の女」たる充分な所以であります。

 前日は素で晩メシも食えなかったしろくに眠れませんでした。
 自覚症状としては全然緊張してる感じはなかったのに、
 深層心理では神経高ぶりまくりだったということでしょうかね。

 あんまり眠れないんでごそごそと起き出しては
 握手の時になんて声をかけようかを考えた「ネタ帳」を引っぱり出し
 ウンウンと唸りながらあーでもないこーでもないとこねくり回し、
 ほとんど深い眠りに落ちることなく朝を迎えてしまいました。

 起床後は眠い目をこすりながらそれまで出しまくった「会話ネタ」をとりまとめ
 一枚のメモ用紙にびっしり書き込み、アンチョコとしてスタンバイ。

 とにかく自分の頭に鮮烈に残ってるのが1冊目の写真集の時の握手会の
 異常なまでの接触時間の長さだったので、会話のネタが尽きて沈黙→バイバイ、
 という流れは死んでも避けたかったというのもあり、もうあらゆる角度の会話を準備。
 どうつないでも長時間つなげるようにシミュレーションし、
 脳内柴ちゃんとイメージトレーニングした結果、「ムハー」とかしてきてしまい
 勢い余って出陣前更新などを半分狂った頭でしてみる。

 そしていざ出立。
 足並み勇ましく新橋に到着。
 福家書店に向かって歩いていると高速道路のガード下におりわおるわのヲタの嵐。
 そしてすぐ目にこの人を中心に2,3人のヲタ友が目に飛び込んでくる。
 一人でいてもどんどんテンパってくるのは明白なので、
 ココは素直に馴れ合うことで少しでもナチュラルな気持ちで
 柴ちゃんに臨めるように努めることにする。

 そしていざ集合時間。
 最後にチラともう一回アンチョコに目を通し、大きな深呼吸を一つしてから会場へ。
 しかしなんだろねこの仕切りの良さは。ものすごくスムーズでしばし驚嘆。

 待てよ。スムーズ?
 そう、この人の流れの速さは。。。

 「ハロプロ式握手会(=高速)」かッッッ!!!

 にわかに雷鳴とどろく脳内。そして冷静に周りを観察。やはり進むスピードが前回のそれではない。
 うわー! 困った。「長い」という仮想の元に相当のネタを仕込んできたはずなのに
 そういうことであると会話のネタを厳選しなければならない。
 猛スピードで回転するワシの頭。どんどん近づいてくる自分の番。

 ていうか柴ちゃんとの握手ゾーンがパーテーションで区切られてないし!!!

 配置上の最終コーナーを回って最後の直線に入れば、
 視線の延長線上に柴ちゃんがいるわけで。うわぁぁぁどうしよどうしよ。

 とココでなぜかふっと吹っ切れたように冷静になれるのがぼくの長所ですね。
 「じゃ、今回はアレで行こう」とすんなり腹をくくり(順番的にあと4,5人と言うところでした)、
 いざ、愛しの柴ちゃんの前へ。

 言い忘れてましたが、ぼくの勝手な握手会の目標として
 「『ありがとうございます』とは言わせない」ってのがあるんですよね。
 いかに他の人とは違ったレスをもらうか、などといったことを考えていつもネタを仕込むわけです。
 それからですね、「ちわりんっ♪」などと話しかけ、返しをもらうなんてのは
 もはやぼく的にはデフォルトなので、いちいち書きません。
 それだけで喜ぶようなヤツはまだお子ちゃまってコトですよふふん。

 気を取り直して。

 【1周目】

 ぼく<昨日も夜遅くまでお仕事お疲れさま。大変だね。

 川σ_σ||ノ<うぅん、そんなことないよぅ

 ぼく<ちゃんと昨日はお化粧落としてから寝た(笑?

 川σ_σ||<? ??? え? ええ? お、落とし、、、

 

 撃   沈   _| ̄|   (((((○コロコロコロ

 

 柴ちゃん! 自分でコンサートのMCでネタにしとったやんか!
 あの時に

 川σ_σ||<だけどお風呂に毎日入ってないってワケじゃないもん!(ぷぅ

 って膨らませたホッペが異常に可愛くて思わず頭を抱えたときに鉄柵に肘をぶつけて
 アウアウ痺れたあの淡い思い出は何処へ! 嗚呼!!
 ま、そこがナチュラル柴田の真骨頂といえばそうなんだけども。いやしかし納得いかない。

 元の集合場所に戻り、逆上したオイラはチケットを持て余していたみくさんから
 3000円にて整理券を強奪。結局3回まわることを固く決意することにする。

 次の順番がまわってくるまで再びガード下にて待機。
 おもえば「なぜここに?」的な感じもするお相撲さんと談笑しつつ、
 同じくテンパリ気味な似非柴ヲタ(妹何人いれば気が済むんだ)とネタ仕込み。
 この男はオイラをヲチる、などというたわけな動機で並ぼうとしており、
 だったらむしろ自らが伝説になるべきである、と優しい親心を抱いたオイラは

 「走り込んで『ゲッツ!』で挨拶→『シェイクハァンズ』と語りかけ軽やかに握手
 →例のハケポーズにて颯爽と退場→柴ちゃん大ウケ(゚Д゚)ウマー」

 というプランを提示し、なんとか彼にやらせようとしつつも、自らは2回目でなにを言うべきか、と
 再びアンチョコに目を走らせながら再び頭をフル回転。言うべきセリフを考える。

 なぜか2回目は知り合いヲタ大連番という状況になりつつ、
 書店に入る直前までは、誰が誰をヲチるかとか盛り上がっていたモノの、
 結局気が付いてみればテンパッた者ほど前に並んでしまうという罠。
 えぇ、つまり負け組諸君ですよ(高笑い。
 つとめてクールなオイラはさりげなく後ろに下がって大連番最後尾を確保。
 柴ちゃんとオイラの時間を誰にも邪魔させるかってコトですよ(w

 ちなみにこの2周目の握手に向かうとき、階段にて握手を終えて顔が紅潮気味の総帥たちと遭遇。
 会うなり「なんだお前!」みたいなことを言って笑顔で手持ちの傘で刺されますた(実話。
 総帥恐いよ総帥(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 さて、2階に上がってからは、相変わらず早い人の流れに乗りつつ、
 テキトーにテンパッてる諸君がアウアウしながら握手をこなしているのを
 ほほえましく見つめながら、すでに言うことを決めたオイラは超然と順番を待つ。そして。

 【2周目】

 ぼく<(猫なで声で)マルガリさぁん、大好きでぇっす!

 川σ_σ||<あははは(←超可愛い)! (すぐにすまなそうな顔をして)でもねー、終わっちゃうのー

 ぼく<大丈夫、メロンメロンとかはずっと聴いてるから。

 川σ_σ||<はい、ありがとうございまぁす(バイバイと手を振る

 こ れ が 横 綱 相 撲 で す よ !
 
 えぇ、これが本来のあるべき姿です。意気揚々と書店外に出るぼく。
 何人か凹んでいる方も見受けられましたが握手会は場数と度胸と愛嬌です。
 その内にきっとイイコトがあるからね、と優しい言葉をココでかけさせていただきます。

 一行は福家書店の向かいにある東京三菱銀行の中へと一旦待避。
 那華さんなどの名刺をもらったりしつつも、しばし握手の余韻に浸る。
 とはいえその中にいた人たちで、まだ握手券を持っていたのはぼくしかおらず、
 それもけっこう間がなかったので、再び足並み軽く書店へ。

 2回目の握手が成功した時点で、3回目に言うことはほぼ決まっており。
 時間無制限バージョンでも絶対にコレは言おう、と心に決めていたことを
 いかに短時間でまとめるか、ということに集中して何度か復唱。
 そして三度柴ちゃんの前に立った。

 【3周目】

 ぼく<(柴ちゃんが「川σ_σ||ノ<二人だけの秘密だよ!」と言ったので割愛)、どうでした?

 川σ_σ||<(わぁ、っと目を見開いて)あ、あれ、よかったですー!

 ぼく<よかったー。あ、いつかコンサートでピアノ弾くの待ってるからね!(親指立てる)

 川σ_σ||<おう!(親指立てる)

 川o・-・)ノ< カ ン ペ キ デ ス ! ! !
 あまりの自分の完璧さに涙が出てくらあ。・゜(ノД`)゜・。
 もうほぼ悔いはありませんよ。しいて言うなら1回目にすっかりすっかりしくったことくらい。

 でもね、ココだから言いますけど。

 3回とも、最後のぼくのセリフは、半分係員に剥がされながら言ってます(泣

 はい。なんだかんだいって柴ヲタ必死です。
 でもね、必死にもなるちゅーねん! こちとら遊びじゃないんじゃい!(ノ`。)ノ┻━┻
 とまぁこんな感じだったわけです。

 やっぱり回を重ねるごとにペースは速かったですね。
 さすがに書店新記録の2500人、おまけに雨も降っており、
 おまけに前後の柴ちゃんのスケジウルを考えると致し方ないところではありますが。
 それにしても福家書店の仕切りは本当に素晴らしかった。

 名古屋とか中部地方のコンサートの整列とかやってみない(w?

 さて、3回の素敵な経験を済ませたオイラは、夕方に中途半端に入った仕事に向かうため、
 銀行に戻り別れの挨拶を交わす。また、駅に向かう途中のガード下にたまっていた、
 「あゆみ」と打とうとすると「さゆみ」と打つ不届き者達ともちょっと言葉を交わして会社へ。

 もう幸せオーラを身にまとったオイラに恐いモノなどなにもなく、
 恐ろしいほど順調に仕事ははかどり、19時には自らの主催するオフ会会場へ。

 オフ会に参加したのは先に紹介した人たちの中から3人と、UMZ(Z)さん、ぜんこ〜さん、
 そして「柴ヲタが萌え転がるのを見たい」という理由だけで参加した真里ちゃん、
 それにぼくという7人構成だったのだが、

 これがまた傍目には異常な光景。

 6人が同時に写真集を取り出し、一人の号令のもと一斉にページを繰り、
 そのたびに「うぁぁぁぁぁ!」「ぐぉぉぉぉぉ!」などと雄叫びをあげてよじれ、

 「先生! こっちを、こっちを見つめておりますッッッ」
 「師匠! この曲線が非常にイヤラシイでありますッッッ」
 「閣下! 水がぁッ、この水がぁぁッッ」
 「陛下! もう、もう我慢できないっす!!!」

 などと萌えどころを大声で報告しあい、変な敬称ばかりが飛び交うガイキチの宴。
 萌えのK点を超えたと判定されると「一旦セーブ!」の指示がくだり、
 特典のクリアファイルを「冒険の書」と呼び栞代わりに用い、
 酒をかっくらって小休止、といった基本展開。

 しかしながら再開する折には、その「冒険の書」である
 クリアファイル自体がものすごい犯罪級の萌えビームを放っており
 始める前にもんぁぁぁんぁぁぁとひとしきり萌えないと始まらないとかいう最高級にヴァカの集い。

 そして迎えた写真集最終ページにて。
 皆さんキレイに萌えつきました(これ写真集持ってる人にはわかるよなぁ)。

 ていうかこんなアホな会はもうするもんじゃないと思った。

 あ、ちなみに「アン・ドゥ・トロワで指輪装着〜赤プリ電撃会見作戦」は
 会場入りした柴ちゃんから

 川σ_σ||<やっぱり、指輪は二人っきりの所で欲しいな。

 ってメールが届いたので急遽見送りました。ま、近いウチに。
 そんなこんなで今回の更新は終了。うあ、かなりの長文になっちった。

 そして手元に3冊の写真集が残ったわけだが。
 1冊は鑑賞用、2冊目は保存用。さてどうしよう?

 ・・・ま、どうにかなっか。


               9.23 あれから1年。そしてまた一つの物語が終わった。

 内緒で出ていった君を
 誰も裏切ったなんて思ってないよ
 心配しなくていい

 君はいつ気がつくだろう
 悪戯をするように僕らがたくらんで
 鞄にしのばせたあの種のことに

 いつまでたっても僕らは君の味方だよ

 今も誰かが歌い出せば
 知らずにみんなで口ずさんでいる
 何も変わっちゃいないさ
 ここにはちゃんと愛がある

 僕らはきっとたんぽぽのようで
 いつか綿帽子になって風に乗ることに
 覚悟を決めていた

 大丈夫だろ
 どんなところでも
 ちゃんと根づいてるだろ
 黄色いアンテナ広げたら
 教えておくれよどこに着いたか

 ただ知りたいのは
 そこにも愛があるのかどうか

 今も誰かが歌い出せば
 知らずにみんなで口ずさんでいる
 同じようなことをするはずさ
 しないでおこうと思ってても

 今も誰かが歌い出せば
 知らずにみんなで口ずさんでいる
 何も変わっちゃいないさ
 ここにはちゃんと愛がある

 君の歌を歌ってあげなよ
 いつか誰かがそれに続くから。

  〜"Such a Lovely Place":Noriyuki Makihara          

 #こんなに泣く柴ちゃんは初めてだよ。。。
 #思わず一人もらい泣き。。。


               9.24 改めまして。

 最近どんどん「ごっちんコンビンボー」になりつつあるミハルオーです。こんばんちわりんっ♪
 ついに社会人になってずっと守り続けていた「貯金額6桁」の壁が破られますた。

 うーあー。でも行きたいモノは行きたい。
 とりあえず、10.18(土)浦和夜公演のごっちんコンのチケットを
 余らせてる方っていらっしゃいませんかー?

 話は随分と遡りますが。
 8月の末にごっちんと名古屋で握手したとき、
 まぁその時がぼく史上におけるごっちんとの再接近記録なのですが、
 その時に真っ先に感じた印象は「うわ、ちっちゃっ」っていうモノでした。

 別に顔がとかそういう問題ではなく(もちろん顔はちっちゃいと思いますよ)、
 ただ全体的な印象として「こんなにちっちゃい女のコだったのか」という驚きが
 まず頭の中に来たワケなんですよ。

 つまり、ぼくはもっとごっちんはおっきい女のコだ、と勘違いしていたわけです。
 現に今年の4月、市川で行われたごっちんの初ソロコンサートを見た感想として、
 ぼくは以下のような文章を綴っています。

 「ごっちんがステージから溢れてる」。

 そう、その時に見た後藤真希は、とても名古屋で目の前にいた後藤真希よりも
 もっともっと、目を見張るほど大きかったはずなんです。

 しかしながら、
 例えばバッターボックスに入ったときにピッチャーが異常に大きく見えたり、
 例えばシュートレンジに入ったのにキーパーが異常に大きく見えたり。
 結局それってこちら側の錯覚というのもあるんでしょうけど、
 ただ、少なくともピッチャーなり、キーパーなりの方にも
 「自信」という裏打ちは必ずあるものだと思うんです。

 そういうバックボーンがあるからこその「威圧感」「圧倒感」、すなわち「迫力」というオーラが
 見ている側を巻き込む形になるんでしょうね。

 彼女が、ごっちんが、この1年で手に入れた一番大きなモノは、それだと思うんです。
 そしてぼくはそれを見て、前よりももっともっと、ごっちんのことを好きになれた。

 お誕生日おめでとう、ごっちん。
 18歳のごっちんも、17歳のごっちんに負けないように頑張ってね。

 そんなこんなで昨日の深夜は買ってきた「99の後藤真希」を
 一挙に読破してしまったワケなのですが。
 結局の所、エッセンスは「バックステージ」の計30ページだけで
 もう充分だな、というのがぼくの感想です。なんせ濃すぎるよ。

 たったそれだけのページ数なのに、数百通りの
 「後藤真希」が、キラキラと、ちりばめられていて。
 それを言ってるサマをまた想像したりなんかして、なんか幸せになっちゃいました。

 買おうか迷ってる方がいらっしゃいましたら、是非。
 ピスタチオばっか食べてる娘。は、4年でここまでなりましたよ。

 さて。
 明日は地方へ出張ということにあいなりましたので、
 ほぼ更新は不可能でしょう(ネットカフェなんてありそうもない)。
 つーことで次回は金曜夜の更新までお待ち下さい。

 【メルフォレス】

 >名無しメルフォマニアさん
 いやいや、先に活路を開いていただきどうもです(w
 おかげで存分にがっつけました(エッヘン! よ! アシスト王!!

 >ヤマイさん
 とりあえずグッジョブ、とでも申し上げればよいのですかね(^_^;?
 なんか現場復帰が相当難しいようで。渋公だけでもがんばれません?

 >まるぼろさん
 えぇまぁ、機会があったら、ということで(w
 気に入っていただけたようでサンクスです(w


               9.26 水面下にて動き始めてはいる(謎

 出張帰りのミハルオーです。こんばんちわりんっ♪
 とりあえず眠い。3時半まで飲んでたのに6時半起きで仕事ってどういうコト、みたいな。

 今回行ったところは、クライアントというかお仕事の相手の一つに
 ホテルさんが入っておりまして、そしてまぁこの時期というのは
 旅行客もいない、いわゆる穴場的な時期でもありまして。

 頼んでもいないのにスイートルームに通されました。

 生まれて初めてスイートに泊まることになったワケなのですが、
 普段狭い部屋で寝ることに慣れすぎてしまっているからか、
 どうも広すぎて落ち着かないやねー。

 でもこんな所に一度柴ちゃんとか連れてきてみたいなー。

 ぼく<(ガチャ)この部屋だねー。

 川σ_σ||<(そっと中をのぞき込んで)うわっ、スッゴイひろーい!

 ぼく<げげ、なんじゃこりゃー

 川σ_σ||<トイレとかお風呂もすごーいきれーい!

 ぼく<なんで1泊するのに4部屋も必要なんだぁぁ

 川σ_σ||<ミハさん、バルコニー来て来て来てー!

 ぼく<どうしたどうした・・・おおお

 川σ_σ||<スッゴイ綺麗な夜景。。。(ウットリ

 ぼく<・・・(そんな柴ちゃんにウットリ

 川σ_σ||<あ、台所もあってオーブンまでついてるよー

 ぼく<なにからなにから揃ってるなぁ。

 川σ_σ||<(ガチャ)こっちは何だー? お、寝室だー

 ぼく<(ひょい)お、どれどれ、うおー、でけーベッド・・・

 川σ_σ||<うん。でも・・・・・

 ぼく<ん? でも?

 川σ_σ||<1つしかないね

 ぼく<・・・・・そうだね

 川σ_σ||<枕は3つもおいてあるのにね

 ぼく<・・・・・3つあるのにね。

 川σ_σ||<・・・・・どうする?

 ぼく<どうするといわれても

 川σ_σ||<・・・・・じゃん、けん、

 ぼく<(え?え?)

 川σ_σ||<ぽんっ!(グー

 ぼく<ぽんっ!(チョキ

 川σ_σ||<・・・・・

 ぼく<・・・・・

 川σ_σ||<あたし勝ったね

 ぼく<ぼく負けたね

 川σ_σ||<じゃ、ミハさん向こうの和室でザブトンを布団代わりにして寝てよ

 ぼく<ちょ、ちょいまっ、、、

 川σ_σ||<おやすみなさーい(バタン

 ・・・。
 なんか色んな意味で空しくなってきた_| ̄|○

 #さて、そんなうっぷんも晴らすべく(w、明日は前橋→越谷の
 #ダブルヘッダー開催決行です。そして「秘策」初披露の日でもあります(w。
 #発見された肩は適当に相手してやって下さい。よろしくお願いします。


               9.27 ザリガニに逃げまどう柴ちゃん、、、(ポワワー

 川σ_σ||ノ<ただいまー

 ぼく<あ、お疲れ柴ちゃん。お先に帰ってたよ

 川σ_σ||<うん、今日も来てくれてありがとね

 ぼく<いやいや、そっちこそ「運命」で指差しありがとっ

 川σ_σ||<ぶっちゃけはじめ干しちゃおうかと思ったんだけどさー

 ぼく<出たな、悪柴ぁ(笑

 川σ_σ||<いいじゃん、結局ミハさんあんなに(中略)してるもんだから(ぷぅ

 ぼく<ごっちんは今日も熱かったねー

 川σ_σ||<そうだねー、昼はそうでもなかったみたいだけど、夜の方がお客さんが熱かったから

 ぼく<あ、そういえばなんだけど

 川σ_σ||<どうしたのー?

 ぼく<今日の髪型ってめっちゃ梨華っち意識してた?

 川σ_σ||<あ、気付いた?

 ぼく<気付いたもなにもあまりにマンマなんだもん(笑

 川σ_σ||<うん、まぁちょっとねー

 ぼく<さすがに梨華っちのマネだけあってキショかった

 川#σ_σ||<真面目な顔してそういうこと言わないのー!

 ぼく<うそだよ(笑。髪はあれ、エクステンションつけてたの?

 川σ_σ||<そうだよ。最近ちょっと凝ってるんだー

 ぼく<そういえばちょっと前から髪伸ばしたいって言ってるもんね

 川σ_σ||<そうだねー

 ぼく<やっぱり長いのもやってみるとイイ感じ?

 川σ_σ||<うん、オシャレの幅とかも広がるかなーとか。ケアは大変そうだけどねー

 ぼく<それじゃさ、それじゃさ、

 川σ_σ||<なぁに?

 ぼく<ぼくが梨華っちの髪型マネしたら柴ちゃん気に入ってくれるかな?

 川σ_σ||<・・・あんたそれ本気で言ってますか?

 #いやーそれにしても越谷すごかった。近すぎる熱すぎる濃すぎる。前橋からの移動は大正解だね。
 #ていうかアンコールで出てくるたびに涙ぐまれてもこっち困るからー(笑。
 #そして「秘策」は大成功。バッチリですよ。もう柴ちゃんは離しません(謎。
 #前橋娘。コンの話は別の機会にでも。横アリ終わったあとに総括して書くかもです。


               9.28 うひゃひゃひゃ 

 「Mの黙示録」の松浦亜弥に次ぐMCが
 道重さゆみという情報を聞き、本気で笑いが止まらないので
 本日の更新は手抜きにさせていただきます。

 母さん! 見えるよ! 四次元の世界が見えるよ!!

 ピーマコ小川でヒィヒィ言ってる裕ちゃんが
 果たして持ちこたえられるのかどうかが心配ではある(´・ω・`)。

 ていうか今日のハロモニ(の梨華っち)を見て、
 ますます昨日のしばりか祭を確信いたしました。うひー。

 そして、
 goodwoodオペレーションNo.1が本日完遂。
 今日以降ぼくを現場で探そうとする人は
 幾分か見つけやすくなるかもしれないですね。

 goodwoodオペレーションNo.2はまぁ細々とやっております。
 これに関しては自分的にも長い目で。なにぶん忙しいので。

 噂に聞いたんですが、ごっちんコンの舞監&照明はB'zを手がけた人たちなんですって?
 そりゃあ一流の仕事をやってくれるはずですわねー。
 イイモノを作りたいんだったらお金をかけるのは至極自然なこと。
 そのくらい当たり前のことは普通に心得ておいて下さいよ>UFA。

 そういえば、昨日の越谷ごっちんコンのメロンの出番の時、
 「例の曲」で頭上から水が降ってきたんですけども。
 ・・・・・ええと、とりあえずホールでそれはやめようや。
 普通に親子連れとかいてるわけだしさ。それくらい分別つけて下さいよホントに。

 【お知らせ】
 10.11(土)夜公演のあややコン(@さいたま市文化センター)のチケットが
 2枚あまってます。席は1階29列と引きの弱さを露呈しまくってるワケなんですが
 1枚5000円でいかがでしょうか?
 引き取るよ! という優しい方がいましたら連絡下さい。

 ※尚、9月中に連絡がない場合はヤフオクに出品しますのでご了承ください。


               9.29 そもそも毎週現場ってありえない 

 横アリ娘。コンがどうやら参加微妙になってきて
 軽く鬱入ってるミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 うーむ。やはり職場的に山場を迎えるこの時期に
 すんなり休みを取れるとは思ってはいなかったんだけどさ。
 でもまだ一縷の望みは残ってるのでそれにかけたいとは思ってるんですがね。

 そんななか早くもFCの先行予約サイトができあがってまして、
 ハロプロ追加になっち、ごっちん、そしてあややのそれぞれの主演ミウジカル、
 さらには名古屋の方でワケのわからん(そしてあまりにも先すぎる)舞台も組まれていると。

 曲だけでなくてついにライブまで粗製濫造ですか、
 だなんてセリフを吐くような事態にだけはならないで欲しいんだけどね。

 娘。コンは確かに楽しいんだけどさ、
 「もっと楽しくさせてやる!」っていう上昇志向がごっちんコンに比べると、
 どうも希薄に感じてしまうんだよね。だからこそごっちんコンに中毒性が生まれると思うんだが。
 試しに言ってみるなら、娘。のライブは「点のライブ」でごっちんのライブは「線のライブ」みたいな。

 確かにあれだけの人数がいればそれぞれのやることをこなしていくだけで
 進行的に一杯いっぱいなのはわからんでもないけどさ、
 でもそこをなんとかするってのもプロの仕事ですよね、ってことで。

 ていうかこんなに組まれたって、
 学生は金がない、社会人は時間がない。
 いやむしろ、社会人ですら金がない、という事態を招き、
 結局ただの食い合いになっちまうような気がするんですけど、

 「ハロープロジェクト」が長期化して事業が拡大すれば早かれ遅かれ
 こういったコトになるのもまた自明の理。ファンとしてはまた難しいところでもありますね。

 そういえば冬ハロのツアータイトルが「C'MON!ダンスワールド」だそうですが、
 ハロコンがこういった感じのタイトルになるのって珍しいのではないですか?
 「お祭り」的なニュアンスを前面に押し出したものが
 今までほとんどだったような気がするのですが。

 最近の潮流に乗っかって、
 曲の新旧にこだわらないセットリスト組んだりしてくれたら
 ちょっとは事務所を見直すかもしれないな。
 なにしろなっち卒業ツアーなんだしね。

 ゴロッキーズの番組を見ましたが、まぁゆるーいテンションで様子見ですな(w。
 美貴帝は普通に出て来るんですね。やはりキーパーソンになるんだろうコトは明白ですが、
 なにげにガキさんがどんどんその存在感を増してきているのを見逃してはならない。

 マチコ先生の声が聞こえたときにちょっと萎えたのはまぁナイショの方向で一つ。
 と同時に「さっさと『美教3』初めてリス柴復活させろや」とかいう訴えも一応封印しときますかね。

 あと、里ちゃんはエロ過ぎると思います。まる。


               9.30 オソロのない火曜の夜 

 アンテナが死んでいる今日のような夜は
 巡回に一苦労のミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 ブックマークにも保険で入れとこうとは思っているんですが
 いかんせん登録サイト数が3桁にのってしまっているので
 全部やってたらかなりめんどくさいことになるなぁ、などと思って
 結局やらずじまい。思い出す限りのサイト名を検索エンジンにぶち込んで
 強引に巡回するしかないんですけどね。

 それはそれとして。
 どうやらワタクシ秋花粉症にかかってしまったようで。
 おめめがかゆかゆでクシャミが止まりません。
 しょぼしょぼな目でディスプレイを見るこのつらさってのはホントにもう。
 どうせかかるんならまたネタ作りみたいなマイナー路線に走らなくてもいいのにゆー(´・ω・`)

 近況報告ついでに。
 ぼくはお仕事でもPCに向かい合ってる時間が結構多くて、
 その際にはイヤホンつっこんでハロプロの音楽をかけてることが多いんですが、
 一番はかどるのが美貴帝の曲だったりするんですよねー。なんでやろ。

 ていうかMIKI@をCDドライブに入れてそのままエンドレスで回してることもほとんど。
 煮詰まったときには「運命」とか「遠慮はなしよ!」とかで気分転換を図りますけどね。

 しかしなっち卒業公演から1ヶ月も経たないうちに
 座長ミュージカル始まるってのは、彼女としては順風満帆な滑り出しなんだろうけど、
 ヲタ的な目から見たら、限りなく「流れ作業」な感じがして
 なんだかなー、とかいう感じもしている今日この頃。

 そしてずっと続編を楽しみにしてたコイツもどうやら稼動がもうすぐのよう。
 中高生の時に毎日毎日ゲーセンに通い詰めていたあの頃の血が再び沸き立ったりしてます。
 でも冷静に考えるとそんな時間全くねーなぁ(泣。。。でもめちゃくちゃやりてー。

 そういえば買ってあるFFTadvanceも手つかずのような。
 ていうかメロン4人の名前を入れたFFI(PS版)も全然進んでないような。
 ・・・・・どもなりません。

 うわー、考えたらGIシリーズも今週末からスタートじゃねーか。
 軍資金からねーっつーの。どうすりゃいいんだホントに。
 いまんところ本命候補はテンシノキセキ。
 穴で狙うならギャラントアローの巻き返しとイルバチオで。

 てなコトで今日は完全に普通の日記だったなぁ。



log目次へモドル

トップへモドル