12.1 明日ぼくは神になる(謎

 今日は、職場の人間が冷やかし半分で行った
 例の二人組のドームコンサートのメール実況で
 心から楽しんだミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 「おいおい50分押しでようやく始まったよ」というメールから40分後、

 「あ、終わった」

 というたった一言の、しかしながらある意味素が丸見えのメールに
 腹抱えるほど笑いました。職 場 で な 。

 ということで本日は仕事の合間を縫い
 ようやく渋谷のメロンミウジアムへ行くことが出来ました。
 まずは無数に飾られてある生ポラのあまりの出来の良さに
 思わず心の奥底に持っている黒い欲求がズモモと持ち上がりましたが、
 なんとかガマンすることに成功。うーむ、どれも危険すぎる。

 んで、そこで今度のメロンの新曲「かわいい彼」のPVを
 初めて見ることになったのですが。
 オイオイ、メッチャ良くありませんコト?

 ロケものだし、素直に「っしゃっ!」とデストラーデばりのガッツポーズを
 決めたくなるほどの良作に仕上がってると思ったのですが。こりゃシングルクリップスは買いだ。
 とりあえずアタマと最後の展開がPVとは思えない感じがステキ。
 「キャプしば」(少なくとも世界観的に「サイしば」ではないね(w)をもう1回
 見直したくなりました。つーかあのままでなんか作って欲しいなぁ。

 設定をもうちょっと詳しく聞きたい感じっすね。
 あんまりメロンのラジオを聴く機会に恵まれないんだけど、
 きっとどこかで喋る(喋った?)んだろうなぁ。

 仕事の帰り道にはサンスポ別冊(スポーツフェスタ特集)を買ってきたのですが、
 値段の割にはまずまず、というよりもむしろイイ出来なのかもしれないですね。
 もうちょっといい紙使ってくれてもな、とか一瞬思いましたが贅沢は言いますまい。

 そういえば昨日放送の「堂本兄弟」ですが、
 見事にバレー延長の煽りをくらい後半15分が録れてませんですた_| ̄|○
 柴ちゃんの呪いは万能だなぁ。・゜(ノД`)゜・。

 JCも最後の最後で押さえようとして結局押さえなかったタテ目が来るし(泣。
 最低1k投資ですから70kバックですよ。かなり有意義に使えたのになー。

 ふうやれやれ。それはそれとして気持ちを切り替えて、と。
 楽曲大賞をそろそろ真剣に考えないとな。

 【文中リンク御礼】
 感謝なんてとんでもないですよ。
 29日付けの日記をアップした後に巡回をして、
 「あ、同じコト考えてる人がいるんだ」とこっちも嬉しくなりました。
 本当に裕ちゃんはぼくたちの話を真剣に聞こうとしてくれるので大好きです。

 【なにげにガックシ】
 アルルやシェゾやドラコやルルーやサタンやすけとうだらやスケルトンTや
 ハーピーやウィッチやぞう大魔王のいないぷよぷよなんて、
 柴ちゃんやマサオや村っちやボスのいないメロン記念日と一緒ですよ!!!
 嗚呼、コンパイル。。。_| ̄|○

 や、まぁそれはそれとしてあややはがんがれ。おめでとう。
 オリジナルのゲームは知らないかもなぁ。なんだかんだで結構昔だしなぁ。


                 12.3 メルフォのレスは明日します。亀で申し訳。

 昨日は神体験があまりにも素晴らしすぎて、一人でしこたま祝杯をあげてしまったため、
 更新できるような状態ではなかったミハルオーです。こんばんちわりんっ♪
 それでも来て下さったみなさま、どうもありがとう&申し訳。

 というわけで本日は予約しておいた
 メロンさんの新曲とPV集を買ってきたワケなのですが。

 新曲に関してはもう鬼リピート状態で
 いつでも町中で「フッフー!」などと叫んでおててをクルクル回すコトが出来るくらい
 人間としてはどうかと思いつつも、ヲタとしては達人の域に達しようかという勢いであります。

 PV集もなんかもうオマケがお腹いっぱいすぎ。
 素の柴ちゃんや肩の力がぬけた柴ちゃんや(まさに)ナチュラルな柴ちゃんが満載で
 ふぉぉぉぉんぁぁぁぁうひょひょひょ〜いとひたすらゴロゴロしてますた。

 そんな中こんなイカれた告知が公式ページに。
 なんですかこの人数の少なさは。
 レポーターはその数はわかるけどさ、新年会が20人ってどういうことよ。
 まさに神に選ばれた人間のみが参加できる至高のイベントであります。
 誰かレポれる人間が選ばれるのかどうかも微妙なところで、
 下手をすると一切その中身は一般ヲタには流れてこないとかいう
 マジであり得ない状況になりそうなんですが(w。

 カントリーだって全国5箇所でファンの集いやるのにさ、
 ぶっちゃけ「FCからお知らせが!」って告知を見たときに
 「集いキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!」と勝手に思いこんでいたのですが
 ここまでレアなものになるとはおもわなんだ。

 ま、ともあれ、イベント参加券のこともあるんでCDは3枚購入したので、
 一通り全コースに申し込める状況ではあるのですが。
 しかしライブ後にインタビウできるってものすっげーイイなぁ。
 メロンさんもテンションめっちゃ高いだろうし、
 勢いで「柴ちゃん、ぼくと結婚しる!」とか言っても

 川σ_σ||ノ<うん、しようしよう!

 だなんて軽く答えてくれるかもしれないし(どうしようもない妄想。

 でももし仮にぼくが当たったとしたら、「コレを聞いて欲しい!」という質問事項を
 このページにて募集しますので、送ってもらったものは時間のある限り聞いてこようと思います。
 しかしそんな告知したら、書くレポには相当なプレッシャーがかかるけどな(w。

 とはいうものの。
 正直このニュースを見たときに「売り上げ必死やな」と溜息が出たのもまた事実。
 確かに前曲はイベント券なしでまぁアレな状況だったので、
 イベント復活させるのまではわかるけども、
 それにこれまでつけるかー、と。

 だって一人何口募集してもいいわけじゃないですか。
 〆切は12.8(月)の消印有効とかなり段階で締め切るし(発表が遅いだけか)、
 完全にガッツキ系ヲタを当てにした小汚いセールス戦略ですよね。
 その割にはオリコンのフラゲデーセールスが10位らしいんですが。_| ̄|○
 なのにオイラが今日取りに行った渋谷駅前のTSUTAYAは
 メロンの新曲の棚はスッカラカンだっんですよ。

 おまいらちゃんとそれなりの数出荷しる!ヽ(`Д´)ノ

 ・・・あ、そうか。
 イベント券封入の初回版は会場キャパの問題で抑えめにしておいて、
 すぐさま二段発射できるような第二波を始めから用意しているな。
 そういうとかは抜け目ないなぁ、まったくもう(´・ω・`)。
 運動会関連のDVDとかもしっかり金取るしさー。

 ていうかですね、ものすごく冷静で冷めた考えではございますが、
 普通に考えて、レポーターと新年会、この二つの合計22人のウチ
 半分の11人は女のコが選ばれると思うよ。うん。
 と同時に、一人が何枚送っても確率的には同じだと思うな。
 CD売るためだけの口実としか思えません。
 ただ少なくとも全コース申し込むには最低3枚買わないといけなから、
 充分な底上げにはなるんじゃないかなとは思いますけどね。

 ところで今日はFNS歌謡祭がなにげに祭だった(特に(^▽^)←この人?)ようですが、
 こちとら「歌の大辞テン」なるヘッポコ番組のメロンさんの出演に目を奪われており
 マターク気付いておりませんですた。。。当然録画もできてませぬ。。。
 最近の録画ミスはちょっと尋常じゃないぞ。いかん傾向です<自分。

 とりあえず明日のごっちん@うたばん、メロン@AX、
 明後日はメロン@Mステ&U-CDTVは死んでも忘れません。
 今から録画予約してやるんだからー!
 ・・・延長対応とかないよね(汗?

 で。
 どうやら日曜の長野はなんとか行けそうな目処がたちますた。よかったよ。ホントによかったよ。
 ただしその前日のメロンイベント@大阪がまだ相変わらず微妙。
 たぶんこのペースで行くと、本当にイベ当日の朝になんないとわかりませんとか
 そういうレベルになりそうです。こっちもこっちで困ったちゃん。ふうやれやれ。

 あ、12.13超渋メロン後のオフ会の〆切は明日ですよー。
 まだ申し出てない人は是非お早めに。よろしくでーす。

 【明日のオレへ】
 いーかげん楽曲大賞とPV大賞を決めなさい。


                 12.4 人生綱渡り

 結局イベント当日の朝8時以降にならないと、メロンイベ@大阪が
 行けるかどうかわからないことになったミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 最悪のパターンとしては行けることは決まっても
 そこから引き替え時までに間に合うような交通手段が確保できないって時ですね。
 あとはもう運を天に任せるしかない。

 てなコトでようやく楽曲大賞&PV大賞を決めました。
 基本的に同じユニット(人)の中から2つ以上は選ばないという
 勝手なマイルールを設けました結果以下のようになりました。

 まずは楽曲大賞から。

 第5位 GET ALONG WITH YOU /中澤裕子(0.5点)

 結局最後の最後まで切ることが出来ませんでした。
 今まで薄倖的な歌を歌うことが多かった裕ちゃんが、「東京美人」から引き続く
 ハッピーソングを歌うさまとその声に、癒されたことも何回か。もっと生でこの歌を聴きたい。

 第4位 ね〜え?/松浦亜弥 (1点)

 この1年で、松浦亜弥の中で最も松浦亜弥らしかった曲ではないかと。
 むしろ「桃色片想い」よりもあややイズムを放出した曲なのかもしれない。
 小西康陽の編曲も見事です。コレこそ「ポップ」と言える名曲だと思います。

 第3位 晴れ 雨 のち スキ/モーニング娘。さくら組(2点)

 この1年の中で、最もファーストインパクトにて
 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!と心からガッツポーズを決めた曲。
 8人が、歌って、描く世界がなんとも切なくて美しくて。今でも平気で鬼リピートします。

 第2位 ENDLESS YOUTH/メロン記念日(2.5点)

 歌詞が反則。そしてライブにてそれが昇華。
 これほどまでに一つのユニットの歴史を見事に歌い上げた歌はないのではないか。
 メロンの今までの足跡を見事になぞっているからこそ、歌うメンバーに去来する思いはまた大きく、
 結果、ぼくたちに伝わってくるものも巨大な波になるのではないだろうか。

 第1位 スクランブル /後藤真希(4点)

 えぇ、つまんないと言われようがね、やっぱり今年はコレしかないと思います。
 曲ってのは、それ自体の出来と、自分の中で積み重ねた色んな「想い」が交錯して
 「思い出」として心に残っていくものだと自分では思ってますが、
 まさにこの曲は自分の中で一つの「時代」を築きあげた大事な大事な曲。
 この曲と共に過ごしたこの3ヶ月(そしてこれから)は、確実にぼくの中に色濃く残っていくと思う。

 そして最後まで残りながら惜しくも落選したのは以下の曲達。

 次点 遠慮はなしよ!/メロン記念日  
     晴れた日のマリーン/後藤真希
     駅前の大ハプニング /藤本美貴
     ミラクルルン グランプリン!/ミニハムず
     行くZYX! FLY HIGH/ZYX

 美貴帝とミニハムずに関してはホント最後まで迷った。

 続いてはPV大賞。時間がないのでコメントは略目で。

 第3位 ブギートレイン'03/藤本美貴(1点)

 コチラは見事に美貴帝イズムが溢れる素晴らしい作品になったと思います。

 第2位 先輩〜Love Again〜/カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)(2点)

 「やればできるじゃん!」と思わず膝を叩いた良作。
 曲の評価を180度変えさせてくれたインパクトに拍手。

 第1位 BE ALL RIGHT!/11WATER(3点)

 単純に今年一番見た回数が多いPV。
 理由なんか見つかんないけど、このPVから伝わってくる「元気」と「パワー」は
 みんなの新しい魅力をぼくに伝えてくれたような気がします。ホントにみんなステキ。

 そして惜しくも選考漏れは以下。

 次点 赤いフリージア/メロン記念日
     原色GAL 派手に行くべ!/後藤真希

 「楽曲大賞」に選んだユニットは外すという
 (くだらない)マイルールその2により絞り込み対象に。

 【お知らせ】

 12.13のオフ会の参加は締め切らせていただきました。
 計13名の参加申し込みがありました。ありがとうございました。
 追って参加者全員にご連絡差し上げます。
 12.10まで待っても連絡が来ない場合、「どうなってるのー?」と催促して下さい。
 よろしくおねがいしまーす。

 【メルフォレス】

 >なれちょう
 年末年始はオイラも急がしいっすねー。そっちは言わずもがなでしょうが(笑
 1.25は無理なのかな? 会おう会おうと言いつつなかなか会えてないけど
 近いうち会えたらいいっすねー。お仕事頑張ってちょー。

 >マベさん
 あ、今日やってきましたわ<フィーバー。
 予想を遥かに超えるクソ具合で正直(´・ω・`)ショボーン。
 ぷよぷよは「通」がシステム的にはベストであるはずなのに、
 それを上手く進化させられなかったのが全ての間違いの始まりだと思います。
 ていうか元祖に妙に似たキャラが出てくるのがまたさらにムカツくんですけどー!

 >山ぽー
 読ませていただきますた。レポサンクスです。
 なんだ、もっと「ネット裏でキャッチボールを!」とか「外野席で卓を囲んで半荘3回!」とか
 川崎球場的なレポを書いてくるのかと思っていたのですが
 それなりにライブを見てきたようで(w←そりゃそうだよな。
 ともあれ乙でしたー!


                 12.5 今日14時出社→32時退社?

 やっぱり明日の朝にならないと
 大阪行きの決定を出せないミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 明日大阪で「48(謎)」を見かけましたら
 「よくやった!」と肩を叩いてくれるとイイと思います。
 柴ちゃんへのプレゼントも買ってないゆー。
 ま、それは東京の握手会(行く予定)に回すとしますかな。

 ところで、ヤフオクをさんざんチェックしたのですが、
 12.14(日)の超渋メロンのチケはどうしても3列目以降しか出品されてません。
 やはりDVD収録が入る関係で、前2列はつぶされるんすかね。

 で。
 先日それなりのお金で落としたのが「4列」なわけで。

 ・・・・・。

 実質2列目キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!?!?

 半ば夢見心地になりながら、明日大阪へ行けることを祈りつつ、
 お仕事を続けようと思います。それでは皆さんごきげんよう。


                 12.6 ミハルオーコールとかするのやめれ(泣

 奇跡を起こす男、ミハルオーです。こんばんちわりんっ♪
 合言葉は「あの屋根イラネ」です。わかる方だけわかって下さい。
 明日は長野でごっちんファイナルを見届けた後、怒濤の打ち上げに参加、
 オール明けで東京戻ってきてそのまま仕事入り(22時まで)です。
 ほんとようやるな。

 ≪本日の1日の流れ≫
 8:30 仕事解放・大阪行きが確定
 8:35 タクシーを電話にて呼ぶ
 8:40 飛行機チケットネット予約完了
 8:45 タクシー乗車、羽田へ急行
 9:15 羽田空港着、発券&搭乗手続
 10:00 羽田空港発
 11:15 伊丹空港着
 11:35 千里中央駅着
 11:40 セルシー千里広場着

 というわけで参加確定から3時間後に現場に到着してるってのも
 どうも異常だなとか自分で思うんですが(w、
 現場についてから顔見知りに会うと、「うわ、ホントに来たんだ!」
 みたいな顔をされるのがやっぱりほとんどで。
 それと同時に「48」は初見の方々にはいくらかの嘲笑をもらったり(いつものことだ)。

 そんな感じで愉快な仲間の方々にも囲まれ、
 非常に行ってよかった有意義なイベントとなりました。
 んでもって本日付けで、晴れて3しょくズの皆様と
 全員と顔合わせしたことになりますね。

 その他にもご一緒に参加した方々、
 そしてその後一緒にお食事をさせていただいた皆様、
 どうもありがとうございましたー。またの機会によろしくです。

 イベント自体も、数々の奇跡や各種面白ハプニングなどなどが起きましたが、
 あんまり詳しく書くのもアレなのでキーワードで。「マリオ」、「財布」、「娘。グッズ」。
 まぁ他にもあったけども、後は参加された方の記憶と照らし合わせていただいて。
 メルフォとかで詳細ageキボンヌと書きましたら後日書きますけど。それほどのことでもないかもよ。

 さて、肝心の握手会の方ですが、ハロプロ系にしては珍しく、
 高速ではなくゆったり流してくれたのがまずよかったのではないかと。

 握手券は手元に2枚ありまして、まぁ普通に2周したんですが、
 やはりここは過去の貯金がモノを言いまして、メロンさんの方の愛想も結構よく。

 ボスとマサオくんに対してはそれぞれ
 「イベント復活おめでとー」「明日の長野ファイナルも頑張ってね」「渋谷も行くよー」
 みたいなのを軸にお話をさせていただきました。

 村っちは1周目にごっちんコンMCでお馴染みの「バキュンッ」ってヤツを放ったら

 ( -△-)<うにぇっ(胸を押さえて)

 と、とてもナイスなリアクション。
 ていうか今日はあり得ないくらい村っちの愛想がよすぎでして。
 我々が陣取っていたのがステージ上手側の2階テラス部分のような所なのですが、
 もう視線と笑顔がバシバシ飛んでくんのな。
 逆に「ねぇねぇ、もうちょっとステージ正面見てあげたら?」って
 声を掛けてあげたくなるくらい。周辺では軽く祭がおきてました。

 そして真打ち・柴ちゃん。
 まぁ今回はある一つの目標を持ってイベに参加したわけですが。

 【1周目】

 (ぼく)<よっ! 渋谷も行くから! ハッスルしてねー!

 川σ_σ||ノ<おう! ハッスルハッスル!
  (やはり「ハッスル」という単語は柴ちゃんの琴線に触れたらしい)

 (ぼく)ノ<はいっ!(手をあげる)

 川σ_σ||ノ<はいっ!(呼応)

 川σ_σ||ノ☆ばちこーん!☆\(ぼく)

 ハイタッチキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!
 はい、これで本日のぼくの目標達成。柴ちゃんとぼくのハーモニーが会場に響き渡ったのです(自己陶酔。
 ただしですね、あまりにもこのハイタッチが勢いよく決まり、素晴らしくいい音がしたので、

 川;σ_σ||ノ<おょょ

 とかいってビックリしてますた(w。
 ていうか「おょょ」て! あんた三枝師匠かッ! とっツッコもうかと一瞬思いましたが
 余りにそのビックリした顔がカワイかったので見逃してやることにしました。

 【2周目】

 はじめは1周だけのつもりだったのですが、
 友人のご厚意によりもう1枚握手券をいただきまして。
 このサイトを継続的に読んで下さっている方々ならわかっていらっしゃるとは思いますが、
 ぼくは握手会の時にかける言葉を相当推敲していくタイプなので、
 突発的に1チャンス増えるとどうしたものか、となっちゃいまして。

 ぎゃーんどうしよー!ここまで来たら「頑張ってね」「応援してます」とか
 そんなありきたりの言葉でこなすのもプライドが許さないわけで。

 そんなことをうーむうーむと考えているうちに、
 つい数日前に萌え死にそうになったあることをふと思い出して。
 よし、コレで行こうと。てなわけで。

 (ミハ)<さっきのハイタッチごめんねー。痛かった?

 川σ_σ||<あ、全然大丈夫♪

 (ミハ)<なんか最近髪が伸びてシェクシーになったね

 川σ_σ||<んふ。ありがとー!

 生「んふ」キタ*:.。..。.:*・゜(゜∀゜)゜・*:.。. .。.:*!!!
 ある程度狙ってたとはいえやはりあり得ない破壊力。
 はい、申し訳ないですが2周目の村っちにはなんて言ってなんてレスをもらったか
 全く覚えておりませぬ。大変申し訳。

 というわけでぼく的には大成功の握手会でした。
 中には「見てはいけない桃源郷」を(たまたま?)目撃してしまった方もいたようですが
 その点はなんとかがんばってぼくの記憶から抹殺しようと思います。

 また、「明日の長野ではジュリアナ踊りやってね」と柴ちゃんに話しかけたところ

 川σ_σ||<はぁ?

 と聞き返された方もいらっしゃいまして。うーむやはりあの時の柴ちゃんは無意識か。
 ということで「あの曲」を歌っているときの柴ちゃんを「トランスミュンミュン」と
 勝手に呼ぶことにしましたので以後よろしく。うわーカワイイ名前だよう。

 そんな感じでお腹一杯の思いをし、夜の飛行機で東京に戻り。
 (ホントは長野に直入りしたかったけど、明日の午前中に仕事があるんです)
 家に帰ってから、イベ限定DVDを見たわけだが。

 ・・・・・

 殺す気か!


                 12.8 熊とアフロと銀テープ

 糸。

 その日、その場所には、
 それぞれの色をした、それぞれの思いを込めた、それぞれの長さの糸が集まった。

 中には、30公演以上を参加して、ひたすら長く紡いだ糸もあったろう。

 中には、自分の中で行けるだけの努力をして、
 数こそ多くないけれども、一生懸命自分色に染め上げた糸もあったろう。

 あるいは、そこが初めてでも、2時間という長すぎる短時間の間で
 縒ることの出来た糸もあっただろう。

 そして、やむを得ない理由によりそこに居合わせることが出来なかった人たちの、
 彼女にかける思いを秘めた糸も、絶対届いていたはずだ。

 糸は、それだけでなく、

 全公演に渡り、その圧倒的なパワーでもって引っぱり続けた後藤真希という糸と、

 同じく全公演に渡り、ゲストという立場にありながらも
 存在感を充分すぎるほど輝かせてきたメロン記念日という4本の糸もあった。

 さらに、公演期間中だけでなく、それよりもずっと前から、
 彼女たちを支え続けたスタッフという名の無数の糸も存在していた。

 それが、ついに、縦横無尽に結ばれて、

 一つの形の完成を見たのが、この日の松本だった。

 その紡がれた布は、

 精一杯の声を出し、応援を続けた者の汗を拭くタオルになったであろう。

 あまりの感動に眼を濡らした者の涙を拭くハンカチになったであろう。

 幾多の公演に参加し続け、完走して倒れ込んだ者にそっとかける毛布にもなったであろう。

 全ての糸に、終着点はあった。
 全ての者がその布によって、なんらかの恩恵を受けたのである。

 糸。

 ぼくたちの彼女への想いと、
 彼女のぼくたちへの想い。
 そして、ぼくたち同士の連帯感。

 その3本の糸を結ぶ「旅」が、彼女の「ツアー」の存在価値なんだと思う。

 そして、旅は、終わったのでなく。
 また、始まっただけなのである。

 彼女が、最後の最後に、ステージ上から、マイクを通さず伝えた「想い」。

 2階の最後列にいても、耳に入ってきた彼女の「想い」。

 「見ててね!」という言葉。

 それは、これから新しく紡がれるための、
 また一本の「糸」であった。

 決して切らせてはいけない糸であった。

 縦の糸はあなた
 横の糸はわたし
 逢うべき糸に 出逢えることを
 人は「仕合せ」と呼びます   〜「糸」Lyrics by 中島みゆき

 出逢ったみんな、、、

 ありがとう。


                 12.9 川σ_σ||<ぽわわわわ〜

 さすがにちょっとした脱力感に包まれている
 ミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 そりゃね、もちろん30公演以上行ったごまヲタ、もしくはごまコンヲタの皆さんに
 肩を並べようだなんて考えは毛頭ありませんけども、
 やっぱりそれなりに忙しいスケジュールの中で
 色々時間とお金をやりくりして昨日の松本にたどり着いたら、
 それはそれで自分の中で襲ってくる達成感というか高揚感というか。
 同時に一抹の淋しさとか。まぁそんなものがあるわけで。

 結局ぼくが行ったのは12/40公演。
 我ながらよくやったんじゃないかなと。
 一つのツアーでこんなに数行ったのはこれが初めてだしね(笑。
 行ったら行ったで得るものはあったし。いい経験をしたなと思います。

 とはいえ、メロンヲタにとってはまだまだ勝負期間はつづくわけで。
 取り急ぎ今週末の超渋メロンですね。
 今のところ予定としては土日両日の夜公演のみといった感じですが、
 ここまで来たらコンプするのがメロンヲタのつとめだろ、ということで
 鋭意日曜昼チケを探している最中であります。
 さすがにこの時期になると出品が少ないなぁ。

 そんな超渋メロンの個人的な目標は
 「ジュリ柴誘発→DVD収録」です。
 もっとあの素敵な柴ちゃんをみんなに見てもらうために頑張ろうと思います。

 握手会は後は東京で。どうしても東京が無理っぽいときには
 全力で札幌を補完することにします。北海道の握手会の濃さには定評がありますしね(w。

 ということで、〆切間近だというので
 ハロプロMVPに投票をしようと思います。

 5位(1点)小川麻琴(モーニング娘。)

 ここまで皮のむけた人材になるとは思わなかった。これからの期待値も込めてランクイン。
 ただし、もう少し自制心を持たないと来年はダメ。さすがにあのカラダは限界。

 4位(2点)石川梨華(モーニング娘。)

 確実に「自らに求められたもの」に対して然るべき反応をとるようになった。
 あるいは、振られる前から自分から率先して取りに行くことも。
 確実に矢口イズム、ひいては娘。イズムを浸透させた証。

 3位(3点)矢口真里(モーニング娘。)

 わざわざあげるのも無礼に当たるくらい、いつだって全力投球娘。
 なにかあるたびに針のムシロに座らされるのもこの娘。だし、ホント頭が上がらない。
 来年はもう少し幅を。「仕切り」を優先させちゃうんじゃなくて、「遊び」を作るとより伸びるかと。
 及第点以上を出すことはわかってるからこその辛口だけど、それに応えようとするあなたの姿がスキだ。

 2位(4点)斉藤瞳(メロン記念日)

 確実に今年のハロプロメンバーの中で最もアグレッシブな人間だったと思う。
 とりあえず今はあの伝説のライオンヘアーは封印してしまったけれど
 次あたりそろそろ赤髪とかにしてくるんじゃないかと内心ヒヤヒヤしながら(w待ってます。
 リーダーの風格も既に充分。ぼくは来年以降も、尊敬の念を持って「ボス」と呼ばせていただきます。

 1位(5点)後藤真希(ソロ)

 私情を挟みまくりではありますが、さすがにコレ以外ないかなと。
 だってこのコに1年分の涙を持って行かれたようなもんだもん、今年(w。
 自分の持てる力を最大限以上に発揮し、自分と、周りをドンドン巻き込んで、
 あそこまでの大きな波と激しい地鳴りを産み出したその底力に、ただただ感服するばかりです。

 さて。
 どこのサイトを覗いても結構書かれていることではありますが、
 ZYXの新曲が熱すぎます。かくいうぼくもリピート状態。
 いやー、(まだ2曲しか出してないけど)イイ曲もらってるよなぁ。
 もしコレがもうちょっとリリース早かったら確実に楽曲大賞の上位に入ってたのではないかと。

 とはいえ、念のため言っておきますが。
 ぼくはキッズではユリーネ(熊井友理奈)推しです。勘違いされないように。
 ユリーネには柴ちゃんと同じ小宇宙(コスモ)を感じるのです。

 川σ_σ||<ミハさんって。。。

 【メルフォレス】
 >かすみ
 うわー久しぶりー。そして初メルフォサンクス(w。
 そっちでよろしうやるのもイイですけど、たまにはこっちにも顔出してねー(w

 >ラコティさん
 ども、こちらこそお疲れさまでした&ありがとうございました。
 ちゃんとした挨拶もしないですみません。またどこぞの現場でお会いしませう!


                 12.10 川σ_σ||ノ<オイ! オイ!

 そろそろ鍋やりたいなぁと割と本気で考えているミハルオーです。こんばんちわりんっ♪
 実家住まいながら事実上は一人暮らし状態になっている現状だと、
 さすがに思い切ってやるかー、とはならんのですわ。
 柴ちゃんもお仕事で忙しくて、なかなかおうちに遊びに来ませんしね。

 先日アップしたごっちんコンラスト@松本の感想について、
 鼻血垂らしてるおっさんに「もっと具体的なレポを書いて欲しかった」
 と言われたんですけども、正直無理って話なんですよ。自分としてはね。

 もちろん時系列を追って、起こったことを書いていくこと自体は
 多分不可能ではないんだろうけど、
 なんか言葉をつなげればつなげるほど、
 実際に起こったことから遠ざかっていってしまうようで。

 恨むべくはそれを表現するスキルを持たない自分という部分はあるんでしょうけど、
 でもアレばっかりは、あの空間ばっかりは、そう簡単には言語化できないと思います。

 そんな松本のごっちんコンですが、
 ごっちんだけでなくやっぱりメロンのテンションも凄くて。
 柴ちゃんがあの「運命」で吼えっぱなし。
 あそこまでブッちぎれた柴ちゃんを見たのは初めてかもしれません。

 ここでハッキリ言っちゃうと、やっぱり今までやってきたメロンコンのなかで
 一番よかったのはこの「これが記念日!」初演だと思うんですよ。
 で、次が「1st Anniversary」ファイナル大阪公演。

 やっぱりね、メロン達のモチベーションだったり、
 ヲタ達の気合いであったり、そして会場の一体感であったり。
 まだ「12.9」を完全に超えた! という印象を他の公演で受けたことはないんです。

 もちろん、12.9の持つその特別な意味というのは充分心得てるので、
 それを比較対象に持ってくるのはいささか反則な気もするんですが、
 でも、だからこそ、超えなければならない壁でもあると思うんですよね。

 セットリスト的にも、「これが記念日!」は遊びがあったじゃないですか。
 もうボスの「一人ハッピー7」だなんてもうそこらでお祭騒ぎだったし(w。
 そういう「遊び」的な要素もあって充実感もたっぷりだったし。

 で、今回の超渋。
 シチュエーション的にはこの「これが記念日」に似てるんじゃないかと。
 2日3公演だけのスペシャルライブ。1年の締めくくり。
 ちょっと今回はなにかやらかしてくれそう感がなんとなくするんですけどね。

 「クリスマススペシャルライブ」と銘打ってるということもありますし、
 +αがあってもいいよなぁ、という期待もしているうえに。

 メロンさん達にとっても1年間ごっちんというバケモノにずっと着いてきて、
 得るものもあっただろうし、盗んだものもあっただろうし。
 集大成としての発表会が今週末なワケです。

 てな感じで勝手にテンションを上げまくってウキウキしてる所でして、
 結局の所3公演ともチケット手配が完了。
 土曜→日曜昼→日曜夜 と段々と席が良くなっていくというベストな感じ。

 素晴らしいメロン記念日と、それを見に来た素晴らしいヲタと一緒に、
 素晴らしいコンサートを楽しみたいと思ってます。

 一つだけ贅沢を言うなら、「真夜中のドア〜Stay with me〜」を聴きたいなぁ(w。


                 12.12 あたまがいたい

 激しい飲み明けでなんとなくカラダが重いお昼過ぎ。
 さすがに昨日は飲み過ぎた。
 なんで飲んだかと言いますと。

 だって!

 

 だって!!

 

 だって!!!

 

 マスクメロンコース当たっちゃったんだもん!!!!!

 

 

 ウソですごめんなさい_| ̄|○
 つくならもうちょっと他のウソつこうぜ自分。

 おまけに2週間に一度の極上の楽しみだった
 「憧れピュアレディ」も次回で最終回というショッキングな情報も入り。

 さらにあれだけ各種キャンペーンをはってたメロンの新曲も
 ちょっと伸び悩みといわざるを得ない結果に終わり。
 (しかし週3万枚売ればベスト5に入る時代になったんだなぁ)

 そりゃ飲みたくなるぜって話ですよまったく。
 あとは土日の超渋でいかにはっちゃけるかですが。

 妙なテンションで会場に現れるかと思いますが、
 適当にあしらってくれていいと思います。

 会いたいゆーって方はメルフォから連絡先を送って頂くと嬉しいです。
 他にも現場でうろつく「48」を見かけたら遠慮なく声をかけて下さい。

 ◇1:10追加更新◇

 ていうか当選者発表が名字だけってのは事務所のなんらかの工作ですか。

 仕事場(夜勤中)でポケーッとしてたら、置いてあるTVに「FUN」が映ってまして、
 もちろん録画予約はしてきたんですけども、 まぁ丁度その時間は特にやることがなかったので
 (*´д`)ぽわわ〜ん  と見てたわけなんですが、

 ついにあの(狂乱の)ライブDVDが公共の電波に乗ってしまいますた!!

 前はもっと人の目に留まって欲しくてアピールすべきとか思ってたんですが、
 いざこう流れてしまうとなんとも微妙な感触を抱いてしまったり(w。

 で、今度のライブで個人的に注目しているのはドタマの曲。
 「かわいい彼」で来るようなひねりのない選曲は止めていただきたいんですが、
 個人的には「Wa! かっちょEなッ!」か「ガールズパワー・愛するパワー」辺りで来るのが
 一番カッコイイ感じになると思うんですけども。

 そんな超渋メロンですが、こんな企画がにわかに持ち上がっているようで。
 正直ちょっと告知が遅すぎるんじゃないかなぁ(^_^;、と思わざるを得ないんですが、
 果たしてどこまで広がることやら。

 自分的にはもうサイリウム企画は食傷気味なんですが
 (「この時期に」「(コンサート中の)そのタイミングで」)やらなければいけない必然性もあまり見えないし。
 とはいえ、ぼくはライブには緑と白のサイリウムを持っていくのがデフォなので、
 周りの状況を見て、場合によっては緑のサイリウムの方を下げようかとは思ってます。

 とりあえず難点としてはなんですけど(メロンヲタとしてはどうかと思う発言ですが)、
 「初雪」がそこまで浸透してるかどうか、ってのが問題のような気がします(w。
 やるなら曲頭でぶああっと会場中に白が広がるのが美しいんでしょうが、
 果たしてイントロが流れ出した瞬間に会場にいる客がキレイに
 「初雪だ!」と感知できるのかな、と。

 まぁまわりにつられる形で点灯していけばいいっちゃいいんでしょうけどね。

 とりあえず明日からの2Daysは「ロックの殿堂」渋谷公会堂での
 スペシャルライブということなので、今度こそ素晴らしいライブDVDになるような
 素敵なアクトを期待したいと思います。

 その為にはまずはやはり「カモン、ジュリ柴!!」ということで一つ。

 さて、ママは無事に渋公にたどり着けるのかしら。


                 12.14 柴ちゃん、愛してる

 渋谷より無事帰還しましたミハルオーです。こんばんちわりんっ♪
 ていうか激しく眠いです。これうpしたらぐうぐう寝ますぐうぐう。

 やっぱりメロンコンは他のハロプロライブと比べると、
 会場に入ったときの空気がなんか違うよね。
 なんかのガチンコの試合が行われる会場のような。

 ぶっちゃけ、ヲタ比率に関してはどこにも負けないとは思うんですけどね(w。

 中身の話ですが、
 ちょっと素敵なクリスマスパーティーであり、忘年会。
 そんな感じの楽しい祭だったと思います。

 気持ち的にぶっちゃけちゃうと、
 土日の3公演を全て見て、初めて完結するような感じだったのではないかと。

 斉藤瞳という人間の生き様を
 シッカリと確かめることが出来たというか。ホント感服ですよ。

 涙あり、笑いあり。
 ホントこの充実しすぎた1年を濃縮した形になっていたんじゃないんでしょうか。

 でもね、最後の最後はやっぱり涙はなしで。
 あくまでまだまだ伸びしろを残してる彼女たちにとって、
 充実感、達成感だけを感じて泣いてる場合じゃない。

 視線は「次」であり「上」であり。
 そんな意思表示とぼくは見ました。それがやっぱり嬉しかったです。

 セットリストに関しては、ショートが多いのは凹んだ部分はあるけど、
 ものすっげー楽しそうに歌って踊ってるメロンさん達に向かって
 そゆコトは言えないよね、みたいなマジヲタ的な思いもあったり。

 でもとりあえずDVDは買いだと思いますよ。普通に面白いと思います。

 さて。というわけで。
 初の単独ライブから1年が経ちました。

 あの拙いステージ捌きをしていた4人が、
 ここまで動けるようになりましたよ!

 あの渋谷公会堂を、3公演満杯にしましたよ!

 ホント、改めてこんなコト口にするまでもないんだけどさ。

 すっげーがんばったよ。
 すっげー輝いてたよ。
 すっげー熱かったよ。

 何度あなた達の曲を聴いて気持ちを奮わせたかしれない。
 何度あなた達のライブアクトで気持ちが晴れたかしれない。
 何度あなた達に会うために限界を超えたかしれない。
 何度あなた達の笑みを見て癒されたかしれない。
 何度あなた達と一緒に踊って楽しかったかしれない。

 あなた達がいたから、この1年、自分も頑張ることが出来たんだ。

 柴田あゆみさん、大谷雅恵さん、村田めぐみさん、
 そして、斉藤瞳さん。

 この1年、お疲れさまでした。

 こんな男だけど、来年も、よろしくおねがいします。

 そんな気持ちを、明後日のイベントにぶつけようと思います。

 みんながたよってる 街のとても大きな木は
 雪の布団くるまれて 気持ちよく眠ってるようね
 部屋にある暖炉 まるで君のように熱く
 悩みなんか 1ミリさえも見せないんだね

 がんばる君はキレイだけど よけいに心配だよ

 扉をあけ 空気を入れかえ
 炎に照らして 自分の影確かめてね
 今日はなんにも言わずにゆっくり
 夜空にのびをして眠ってね

 〜『夜空にのびをして』Lyrics By Mariko Nagai

 詳しいレポはまた明日以降に書きます。
 悪いが今日だけはもう寝かせてくれー(w


                 12.15 明日行くために必死

 ミハルオーでこんばんちわりんっ♪ ですけど何か問題でもー(ヤケクソ?

 明日の握手会に参加するために必死こいて先々の仕事を
 片づけようとするんだけど、先にすべきことを今やるってなかなか難しいものですね!。・゜(ノД`)゜・。
 自分だけの能力でどうなるものでもないからなぁ。そこがツライ。

 てなワケで時間が限られてる中、今日は土曜日分の超渋レポでも。

 当日、まずは夜勤(15時〜33時)明けで日劇に赴き、たかはしとゴジラにさんざんがっついた後、
 そのまま素直にうちに帰って仮眠すればいいものの、
 WINSなぞによって馬券を買い込む始末。人間として終わってます。

 とはいえなぜかよりによって遊びで買った中山8Rで万馬券(でも100円)を獲ってしまい、
 ウッヒョーなんて浮かれてたんですが、さすがに14時を回ると素で目眩がしてきたので
 後はサクサクと重賞の前売を買って一旦帰宅。

 1時間半の仮眠。
 なんか寝っころがったらすぐに目覚まし鳴った、みたいなものすごい消化不良な感じ。

 何とか起きあがって、重たい頭を引きずりながら渋谷へ。
 渋谷に着くとテンションが上がったためか比較的眠気は飛んでまして、
 なんとなく脳内はすでにスイッチオンモード。

 渋公着く頃にはもう「柴ちゃんカワイイ!」などと叫びつつ
 ぴょんぴょん跳んでいるウザイヲタが一人できあがっておりますた。

 土曜は1F17列。翌日にお祭りが控えているのはわかっていたんで、
 がっつくのではなく、単純にコンサートを楽しもう、久しぶりにホール開催なんだしね、
 と自分の中でとりあえず決まりを設けて入場。

 しかし、入場して5歩で「アイさが」スタッフの出した花を見て半発狂。
 手当たり次第の知り合いヲタに「見て! 見て!」と喧伝し一部には引かれる(´・ω・`)
 でも実際「メロン記念日の故郷」だなんて書かれちゃさ、やっぱりこみ上げてくるものもあるワケよ。

 しばし余韻に浸った後、自席へ。

 ・・・狭い。

 噂には聞いていたがこれほどとは。
 荷物の少ない夏ならともかく、冬の時期にこの狭さはちょっとツライなぁ。
 でも会場内にコインロッカーがあるわけでもなし、スペース作りに四苦八苦する。

 落ち着いたところで改めて会場を見渡し、改めて他のハロプロコンサートに比べて
 客層が偏っていることに、なんとも頼もしいような恐ろしいような複雑な気分を感じる。
 「マキマキマッキー」みたいな阿呆な輩はいなかったが、フライングシャウトは多数。
 「ま、滅多にない単独コンだけにヲタもテンパリますわな」と
 なんとなく優しい気持ちになってそこは黙認。
 でもきっと近くにいたら「うぜー」とか思ってるだろうけど(w。

 ごっちんコンなら注意影アナ→ONE VISION→開演 というわかりやすい流れだったのだが、
 今回は延々クリスマスソング垂れ流し。いつ開演するのか全く読めない部分はあった。
 その中でポロリと、しかしまぁなんとも聞き取りにくい影アナが流れる。
 ある程度の悪い予感はこの辺でしていた。

 さんざん押した挙げ句、開演。
 今から思えば、斎藤さんの腰痛によるフォーメーション変化などでの
 リハが立て込んだせいで、頭の2曲がカットになったんだね、ってわかるけど
 とりあえずこの段階ではなにも知らないわけで。

 客電が落ちて、舞台下手からひょこひょこと出てくるメロンさん4人に頭が「?」に。
 え、「イエーイ」とか言ってますけど。オープニングアクトなしですか?
 そんな裏切り方いきなりしてくれちゃいますか? ていうかめっちゃ地味なんですけど?
 そうか! 「超渋」の「渋」をここから体現・・・って、コレって渋っていうんかー!?

 といったようなことを0.5秒くらいで考えつつ、板付いたメロンさん達の言葉に耳を傾ける。
 斎藤さんの腰痛告知。「えーっ!?」と叫ぶクソヲタに真剣な殺意を覚える。
 お前らいま自分の発している言葉の意味を分かっているのかと。
 それをきいて斎藤さんはどうすりゃいいんだ。まずここで大きく一萎え。

 ここからはセットリストに乗っ取って、と思ったのだが
 時間もないのでコレについてはまた後日に土日分をまとめて言及します。
 何日も引っぱってすみません。

 全体的な感想を言わせてもらうと、なんともちぐはぐな感じだったなと。
 いや、もちろん精一杯楽しんだし、一杯歌って踊って泣いたんだけど。
 「最高」と言いたいんだけど、いや、メロンは最高のはずだったんだけど、
 なんとなく心の奥底に残ったしこりというか。

 まずはPAのあり得ないヘボさ。
 帰ってきてパンフ見たら音響スタッフは「KYORITZ(=共立)」とクレジットされてて、
 会社自体は場数もかなり踏んでる一流の所のはずなんだけど、
 その修行中のアンちゃんが実験台で回ってきたか、それとも
 あまりに予算がなくて、そこらの適当なところに外注回したかってくらいヒドイ有様。

 耳がキンキン、ハウりまくり、バランスおかしい、低音来ないゆー(´・ω・`) みたいな
 もう突っ込めるだけ突っ込めるものすごい出来映え。
 本当にあのスタッフのままDVD収録しなくて良かったですよ。
 へたするとヲタの盗録の方がいいんじゃねーの位のレベルでしたよマジで(w。

 メロンも、ミクロな視点で見るカラダの動きとかは確実にレベルアップしてて、
 階段を登ることすら出来なかった斎藤さんだって、
 自分の出来る範囲で(つらかっただろうけど)必死で動いてたし。

 でも歌詞飛びが珍しく多かったり、なんか決めるところがバシッと決まらないなぁ、というか。
 例えて言うなら秋天、JCと全力投球した馬が有馬でコケることが多いように、
 ごっちんコンのファイナルである程度のピークは過ぎちゃったの? みたいな感じもした。
 土曜日段階では。

 それでも彼女たちは土曜日の最後の最後に大号泣をした。
 ラストの曲の2番でまずマサオくんが轟沈。ついで斎藤さんも撃沈。
 村っちも自分のパートを全く歌えなくなるほどになってしまう。

 柴ちゃんは途中までは気丈に振る舞って、泣き出したメンバーをよしよしと慰めていたんだけど、
 最後の最後に捌けるときに突然後ろを向いたままが動かなくなっちゃって。
 メンバーが慌てて駆け寄って前を向くと、他の誰よりも涙を流していた。
 柴ちゃんがあそこまで泣いてるのを人前で見たのってほんとまず1,2回しかない。
 思わずもらい泣きしちゃったくらい、その時の柴ちゃんは一人の女のコだった。

 その涙の意味とは。
 もちろん、2003年の自分たちを振り返って、感極まった部分もあるかもしれない。
 でも、自分たちはこの段階で、「不完全なライブ」をしたと言うことも自覚していたはずで。
 その中でも、いつもと変わらない最高のレスポンスを返した
 ファン達に対する嬉し涙だったのかもしれない。
 あるいは、また一つ、自分が抱いていた夢を達成したときの涙だったのかもしれない。

 なんであれ、彼女らにウソは一つもない。
 「ファンに優しい」「最高の4人」は、そこにいた。
 だから、惜しみない拍手を送った。

 だから、ぼくはメロン記念日が大好きなんですよ。

 てことでここから先はまた明日。
 果たして何部構成になるんだ(w?

 同日のオフ会(結局16人集まりました。ありがとうございました)は色々とご迷惑かけまして。
 そっちはある程度オフレポが出揃ってから書こうとは思ってまーす(w
 ていうか自分の酔ったら気が大きくなるクセはどうにかした方がいいと思った。
 同時に、酔うと人の頭をはたきたがる奇妙なクセも随分発動してしまったようで、
 その節はご迷惑をかけたことを心よりお詫び申し上げますです。はい。

 #モーヲタ流行語大賞の締め切りを今週末に延ばしました。
 #てなことで駆け込み投票もお待ちしております。



log目次へモドル

トップへモドル