4.16 今日はもうきっとこれだけー

 久々の24時間勤務中のミハルオーです。ちわりんっ♪

 昼休み中にランチをしながら
 フライデーをふんふんと眺めていたんですが、

 しばりか! と思いきや、
 左上の梨華ちゃんの顔を見て爆笑してしまいますた。

 …疲れてるんだよねぇ。大変だねぇ。・゜(ノД`)゜・。
 ていうか講談社はもっとイイ写真を使うべきだと思った。

 それから、昨日出した問題ですが、図を示すと同時に、
 「その面積を算出する式」も示して下さい。
 …こうすれば「ひし形」などという答えは出せなくなうはずだな。うっしっし。

 【追加更新@17:45】

 おいおい。
 …てことは、なっちメモリアルDVDはまさか遺作になったりしちゃうのか(w?

 #5/1が普通の明け勤務になりそうなので娘。コン(夜のみ)は行けるかもー。


                 4.17 ほーらやっぱり忙しい

 何故か今日も夜勤明けで帰ってきた6時間後に
 また呼び戻される羽目に陥ったミハルオーです。こんばんちわりんっ♪
 ・・・ま、そのおかげで当初諦めていた思わぬ副産物も得たわけですが。

 今日はヒサブリにテレビ関係でハローの皆さんが大活躍してまして、
 帰宅してから全部片づけてから更新してるもんで、こんな時間になってるわけですが。
 (日曜日が休みになってよかったなぁと初めて思ったw)

 ゼルマの柴ちゃんが奇跡的。
 いやーもうなんていうんですか、普通に萌え転がってましたゆ。
 よく考えたら高島だか杉崎だかのアナウンサーの方が目立ってるとか言われておりますが、
 一瞬に放つ輝きはやはり柴ちゃんにしか出せません。
 ていうかもう足が床に付きそうで付かないところからキャワキャワで、
 もう一挙手一投足がストライクゾーンにビシバシきやがります。
 あんまりに幸せなので おすそ わけ。落ちてたモノですが充分にお楽しめいただけるかと。

 他にもまりかなさんの所でもキャプ画が貼られまくってるので
 思う存分柴ちゃんを堪能してください。つーかあのヘアスタイルがすでに反則。

 しかし改めてあのメンバーの中で、ゲストと言えど
 柴ちゃんがセンターにちょこんと座って進行のようなモノをしてるという画は
 はっきりいってちょっと前では考えられなかったことで。

 きっとこの年が終わるとき、柴ちゃんが思い返すなかで
 「あぁ、こんなこともやったなぁ」と確実に思い出されるであろう仕事なわけで。
 そんな瞬間を視聴者という立場ながら共有できたことに幸せを感じます。

 つーか、よりによって柴ちゃんが出演の回に大塚愛の特集みたいなことやっちゃって、
 こりゃひょっとしてあのスレは祭か? などと思って覗いてみたんですが、
 別に大して騒がれちゃいなかったゆ(´・ω・`)。むしろその時間ヒトイネだった_| ̄|○

 かわってなっちドラマ。
 あたしゃ昔から(それこそ「101回目のプロポーズ」から)
 野島伸司の描く世界というのが肌に合わなくてねー。虫酸が走るというか。
 一応なっち的には記念すべき作品となるわけですから見てみたわけですが。

 いやー、やっぱりダメだわ。さっぱり入ってこねえ。

 「女優・安倍なつみ」としての仕事はぼくから見る限りはほぼ完璧。
 文句のつけようがないほど素晴らしいので、もっともっとたくさんの人に彼女を見てもらいたいんですけど、
 正直あのストーリーじゃあたしが先にまいっちまいそうだよ。

 あんなに幸せをふりまくことが振りまく娘。さんなんだから、
 それを最大限に生かした心から暖かくなれるようなハッピーストーリーを、
 ベタでもイイからやって欲しいなと思うのはあまりにもつまりませんかね?

 暗闇の中で咲く花もいいんだろうけどさ、
 明るい場所なのにさらに輝く花ってのも見応え充分だとぼくは思うよ。

 そして続きましてはゆゆたんの「チューボーですよ!」。
 昔はネイルアートを生爪でやることにこだわってたねーさんが
 スッキリした爪でサバの骨抜きをやっているところなどを見ると
 「やっぱり変わったなぁ」となぜか感慨深くなってしまうわけで。

 番組中で彼女自身も言ってましたが
 「まもなく、娘。でいた時間よりもソロになった時間の方が長くなる」。
 そうかぁ、と思わず唸ってしまいましたがホントに時の流れるのは速いですね。
 なので、「ようやくアウェーでも借りてきたネコにならず
 自分を出せていけるようになったね」と思っていましたが。それも当然か。
 むしろそろそろそうなってくれなきゃ困ると。

 初の主演ドラマもまもなくはじまりますし、ココがもう一皮むけ所かな。
 あとはまた単独ツアーできれば言うことなしなんですけどね。
 狭いハコで、長い期間でゆったり回る感じがいいんじゃないかなぁ、とは
 自分としては思うんですけども。

 さて、そして本日はもう一つ、注目の番組があったのですが。
 その「僕らの音楽」@松浦亜弥は、明日のライブを絡めて書こうと思ったので
 ココではいったん保留します。ホントに見る目を変えていかなきゃならんな今回は。

 #おい! NHK-BS2でマサオ君がピンで仕事なんて聞いてねーぞ!
 #しかもレポートする特集が「汗かき系」ってなんてシュートなんだッッ!Σ(~◇~;


                 4.18 「人間・松浦亜弥」

 「僕らの音楽」という番組があった。
 それを昨日見ることができたというのは、
 実にタイミングがよかったといわざるを得ない。

 ───あなたは何者ですか?
 「松浦亜弥です。」
 ───では、肩書きは何ですか?
 「歌手です。」

 迷うことなく答えていた彼女がそこにいた。
 「自分を見つめている」彼女がそこにいた。

 「LOVE涙色」「風信子」「さよなら大好きな人」の3曲を、
 生演奏をバックに歌っていた彼女は、歌としてのスキルは及第点レベルだったのかもしれない。
 でも、少なくとも、彼女の「歌」へ込めた気持ちは痛いほど伝わってきた。

 そして、本日のコンサートでも、
 いくつかの曲において、フリ(ダンス)を無視してまでも、
 歌を歌うことに集中していた彼女がいた。

 久々に、松浦亜弥で鳥肌が立った瞬間である。

 「歌手」たる決意と意気込み。
 「歌いたい」という原動力。

 彼女を突き動かしている「なにか」を、
 ここしばらくの間、ぼくは見失っていたのだが、
 この一両日で、再びしっかりと把握することができたのである。

 確かに、カラダは彼女が理想とするレベルにはついていっていなかったのだろうと思う。
 ぼくがかつて畏怖したほどの歌唱とパフォーマンスはそこにはなかったし、
 「サイボーグ」と呼ばれていたはずの彼女は、もう微塵も感じられなかった。
 でもそこには、抱きしめたくなるほどの「人間性」が芽生えていた。

 昨年秋には自分の置かれた逆境に対して
 ただ訳もわからずもがくことしかできなかった彼女が、
 今年に入ってからは、それも全部受け止めた上で
 いい方向に開き直っていると感じるようになった。

 「私は私をさらけ出す。『松浦亜弥』をさらけ出す。だからそれを受け止めてよ───」

 そんなステージだったのではないかと思う。

 後藤真希のコンサートも、ある種強烈な「信頼」から成立するコンサートであるが、
 彼女、松浦亜弥も、恐らくいまそれを頑張って築こうとしているのだろう。

 繰り返すが、立木を薙ぎ倒すほどの勢いは今の彼女にはない。
 歌にしろ、ダンスにしろ、突き抜けた感触は感じなかったし、
 やはりコンサート全体の構成を考えると、疑問符を浮かべる面もそれなりにある。
 しかしながら、たまたまではあるが、近くの席で見ることができたのは幸運だった。
 彼女の目は、まだまだ死んでいないことをしっかりと確認できたから。

 「・・・結婚したら、きっと歌手はやめると思います」

 少々答えるのに時間はかかっていたが、
 同じく前出の番組内で、彼女はそう言いきっていた。
 彼女の中で「終わり」を含めた「自分」は、もう視界の中に入っているのだろう。
 だからこそ、そこまでは全力で走る続けるという覚悟は持っているのだと思う。

 彼女の「歌手」である誇りと矜持。
 それを確信できたのは、コンサートの最後の最後だった。

 アンコールのラストの曲の前に、
 彼女は大きく一息ついて、空席も散見した客席にこう語りかけた。

 「・・・みんなみんな、ちゃんと見えてるからね。
 そんなみんなに届くように、しっかり歌います。・・・ だから。

 いつもよりも、じっくり、たっぷり、聴いてください。」

 「いつもよりも」。
 ここになにを感じるか。

 聴いて欲しいという思い。
 届いて欲しいという気持ち。
 「アイドル」ではなく、「歌手」であろうとする強い意志。

 ぼくにはそれしか見えなかった。

 君の気持ちは、充分わかったよ。
 だから、納得いくまで走り続ければいい。

 もし倒れそうになったら、思いっきり蹴っ飛ばしてやる。

 #メルフォレスはまた明日。毎度毎度すまんねぇ。


                 4.19 やりきれませんな

 もうさいたま娘。コンの自分の席については
 なにも考えないことにしたミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 もうやれどこのステージに誰が来るとかそんなことは一切無視。
 近くに来たメンバーにせいぜいがっつくことにします。
 そうさ、あたしはメロンヲタ。娘。はDDでいかせていただきますゆ。

 とはいえね、自分の中でしっかりと確認したかったのは、
 なっちが卒業してから生でライブに参加しているのを
 見たことがなかったやぐたん(さくら@山梨では欠席だったから)と、
 名実共にこれから「エース」を担っていくであろう梨華ちゃんが
 おとめコンでなくて「娘。コン」でどれだけの輝きを放ってくれるかなんだけどね。

 そういえば、そろそろ情報出るんじゃないか出るんじゃないかと
 手ぐすね引いて待っていた感じではありましたが、
 いつのまにやら「それ」は行われておりまして。
 御大自らの出陣となったようです。ていうかなんじゃそりゃ。

 こうなったら来年はどうする気だ? キノコか? キノコ出すのか?

 柴ちゃん関連のお話といたしまして。
 まだ先日10日放送のヤンタンを聴いてないんでなんとも確証もてないんですけど
 (どなたかフォローしてくれる方がいらっしゃればイイんですが)
 さんまが柴ちゃんに「18日からバリ島行くんだろ?」という旨の発言をしたとか何とか。

 ・・・バリ島?

 ぼくだけ置いてきぼりで秘密裏にメロンFCツアー@バリ島とか行われてますか?。・゜(ノД`)゜・。

 という冗談もさておき。
 普通に考えるとこれってやっぱり写真集ですかね?
 でももう2冊も出しといて、他の娘。さんとかでも3冊目を出した人となると
 結構限られてくる中で、また柴ちゃんで写真集あるのかなぁ、というのが正直な気持ち。

 ひょっとすると「メロン」で、という可能性もなきにしもあらずなんだけど、
 どっちにしても写真集発売となるとイベント(握手会)付きだろうなぁ。
 またいつ発表になるかもしれない整理券配布の知らせを待って
 びくびくしながら毎日を過ごすのは精神衛生上あまりよろしくないので
 やるなら思い切りよくさくっと発表しちゃってください。よろしくおながいします。

 それにしても。もうため息しか出てこないんだけどさ。
 こうなっちゃった
以上、ホントに今関のドアホは許せませんな。
 つーか行為自体もそうだけど、あまりにもタイミングが悪すぎる。狙ってたんかレベルだし。
 こういう時こそね、ヲタが結集して何らかの動きを見せねばならないと思いますよ。
 タンポポ祭の時のムーヴメントのようにね。

 【メルフォレス】

 >脳内義兄

 欲しけりゃ買え。…しかし「あれ」の名前を出さないところに一抹の情を感じたり(w。

 >名村くん

 それは反則(w。模範解答は以下に。

 >くろはんぺんさん
 >辺が3センチ・4センチ・5センチの三角形の
 >角が90度の所から、辺が1センチの正方形二つ分を削るようにすれば、他の辺とも交わらず、
 >周囲12センチで、面積は3×4×1/2−2=4になると思うんですけど・・・

 大正解です!! おめでとー(パチパチパチ!!!
 なんか欲しければ考えますので、メッセ登録でもしといてください(w。 


                 4.20 なにげにネタまみれ

 【刷り込み】

 鳥類や哺乳類の生後ごく早い時期に起こる特殊な学習。
 その時期に身近に目にした動く物体を親として追従する現象で、
 鳴き声やにおいもこの学習の刺激となる。他の学習と異なり、一生持続する。
 刻印づけ。インプリンティング。───三省堂・大辞林第二版より

 川o・-・)<このお仕事はじめるようになって一番ビックリしたのは、オカマさんってのが結構多いことで…

 紺野さんそれ激しくシュートです!。・゜(ノД`)゜・。
 ノートラップランニングボレー隼シュートです!
 さすが紺野編最終回。9回裏でとんでもないホームランをかっ飛ばしてまいりますた。

 しかしのりりんはいろんな意味で神だな。
 あとは犯罪を犯さないだけでいいんです。ええ、それだけでいいんです。

 さて、巡回していると、はやくもごまコンアチーな方々の
 必死なレポをちょろちょろと見かけるわけですが。
 素直に羨ましいなと思うわけですよ、やっぱり。
 まぁぼくもホームのメロンコンはそれなりに必死になるわけですが、
 毎回毎回短期決戦なモンで。

 たまには長期スパンで、遠征計画とか休日調整作戦とかをじっくり練って、
 一人夜のデスクで「ムフフ」などと怪しい笑みを浮かべてみたいわけです。
 まぁ半年前の秋ツアーの時にはごまコンにがっついていたので
 それなりにあちこちに参戦するために必死になってはいたのですが、
 よく考えたら目の前の仕事を必死にこなし、週末に強引に時間をこじ開けては
 作った隙間にライブ突っ込む、とかそういう作業を延々と続けていたような。

 結局そういう行為とは無縁ってコトなんですかね_| ̄|○

 まぁ金銭的な問題もあり、今年は本メロン現場でなければ
 それほどがっつこうという計画もなく、あれだけ話題を呼んでいる娘。コンも
 来週末のさいたまで初見と言うことになりますが、
 5/2さいたまコンの後はココにお邪魔することにしました。

 娘。さんをはじめたハロプロも大好きですが、あたしはアホの子も大好きです。
 同じ阿呆としてより一層多くの数の阿呆に揉まれ阿呆の道を超然と眺めるのも
 たまには乙なモノではないかと。そう考えた次第でして。

 「コンサートのあとのオフ、仕切んのとか店探すのとかめんどくさいなぁ」
 などと考えている、そこのものぐさな幹事をすぐ任されがちなアナタ!
 千載一遇のチャンスです。ぜひコレにのっかちゃいましょう。
 アナタの代わりに働いてくれる人が勢揃いだよ☆

 …こんな誘い文句で果たしていいのだろうか(w。ダメだったら連絡くださひ。
 ちなみにこのさいたま大型オフには連絡用掲示板もあるゆ。

 それでは最後に。
 どうも微妙に流行っているらしい受け攻め度チェックというのをやってみた。
 以下結果をコピペ。

 ミハさんは 無邪気攻 です!

 ★性格★
 人を楽しませることにかけては天賦の才能を持っている人です。
 その場を盛り上げるために身を削る覚悟を持っています。
 お人好しなところもあるので恋愛面では友人に先を譲ってしまうなど不器用な恋愛をするタイプ。
 普段はおちゃらけた顔をしているのですが、一人になった時には
 物事を難しく考えてしまいがちな部分もあります。

 ★夜の性格★
 経験は少ないが耳年増なので、AVの真似事などを強要するところがあります。
 盛ったら場所を考えずに快楽を求めるので、ある意味、邪気たっぷりの人間。
 爽やかな笑顔と甘えた口調で相手の心を捉え、一度嵌めたら絶対に逃がしません。

 ★相性★
 誘い受・受寄リバ

 …ほうほう。結構当たってるところもあってどっきりな感じー(w。
 まぁしかしそこまではいいんですよ。全然問題ないですよ。
 問題なのは最後の一項目。

 ミハさんの前世は、

 陰毛です!

 ……………… 

 あ ん ま り だ ろ 。 。 。


                 4.22 なんだかんだでめっちゃ忙しいがな

 ちぢれてなんぼのミハルオーです。こんばんちわりんっ♪
 その節は色々と爆笑したり、「やーい、チン毛チン毛ー」などと小馬鹿にして頂き
 まことにありがとーございますた。
 おまいらとりあえず全員地獄に堕ちるとイイと思うよ☆

 てなわけで、ぼくだけではアレだし、
 せっかくなので柴ちゃんでも占ってみた。以下コピペ。

 柴田あゆみさんは 受寄りのリバ です!

 ★性格★
 楽天家のロマンチストです。
 見かけが温和でおっとりした感じなのでのんびり屋に見られがちですが、
 実はかなりの合理主義者。何事も手際よくテキパキこなす、しっかり者です。
 正義感も強いので、間違ったことや理不尽なことは黙って見過ごせません。
 何事にも真剣に取り組む情熱や熱意も兼ね備えてマス。
 直感力にも優れてるので、芸術分野などで才能を遺憾なく発揮します。

 ★夜の性格★
 攻めも受けもできる器用な人で
川#σ_σ||ノ<以下略だミュン(プンプン!

 ★相性★
 無邪気攻・攻寄リバ

 柴田あゆみさんの前世は、金魚です!

 ほうほう。やっぱり意外と当たってるような気がするな。侮りがたし。
 そして「楽天家のロマンチスト」というところにほのかに(*´Д`)ポワワだ。
 前世が金魚というのは特にツッコミ甲斐がないのでスルーさせてもらうが、
 やはり注目すべきは「相性」の欄。

 先日更新の日記からもわかるようにぼくは「無邪気攻」。ズバリドンピシャ好相性ですよ。
 まさにこれこそが愛の力のなせる業! イィーヤァーッハァーッッ!!
 ふふん、前世が陰毛のぼくだってやるときゃやるのさ(c.青色7)!
 ・・・でも陰毛はねぇよなぁ。。。_| ̄|○←なにげに気にしぃ

 そうそう、柴ちゃんといえば。
 先日のヤンタンでさんまが近々柴ちゃん(メロン?)がバリ島に行くとか言ってた件で、
 ぼくはそれに対し「また写真集かにゃ?」といったん予想していたんですが、
 実は「涙の太陽」のPV撮影ではないか、というのが現在の読みで。
 曲イメージ的にも南国というのはマッチするだろうしね。

 となると、前回の「かわいい彼」に引き続き、ロケモノPVということで
 できあがりをちょっと楽しみにしてみようかなとも思うわけです。
 メロンのベストPVといったら、おそらく「夏の夜はデインジャー!」が
 上位(もしくは最高位?)に来ると思うんですが、
 あれも南国・沖縄ロケでできたイイ作品でしたからね。

 しかもこの撮影で沖縄に行ったときに、
 柴っこがはしゃぎすぎて日焼けをしてしまい、
 そのまんまで握手会とか全国回ったもんだから
 その日焼けのあとを見て、柴ヲタはハァ━━━━ ;´Д` ━━━━ンとお祭りですよ。
 またそんなおちゃめをしでかしてくれるのかと思うと余計に楽しみです。
 (ちなみに今回のトップ画像は当時の柴ちゃんですよ、念のため)

 ▽

 そして昨日、ミニモニ。のラストシングルである
 「ラッキーチャチャチャ」を入手したんですが、やっぱり中途半端だったなぁと。
 最後の最後で、破壊的に楽しい歌であり、元の鞘に収まる恰好になる曲を持ってきながら、
 ジャケ写は激しく曲のイメージに合ってないと。

 なんじゃこりゃ、と思うわけですが、
 コレ一つの仮説を立てると意外と一つに繋がったりする。

 「はじめは『笑顔のデート 最後のデート』がA面予定曲だったのでは?」

 仮説がガイシュツだったらすんません。でもこうなると納得がいかなくもない。
 急遽、まぁなんらかの外的要因があり(まさかヲタ評判で、ということはないと思うが)、
 「ラキチャ」の方をA面に、そして当初のA面曲をカップリングにばったんこ。
 でもジャケ写を撮り直す暇がないから、文字部分だけ差し替えでプレス。
 そんな流れじゃないのかなぁと。

 だとしたら、あまりにも愛のない話だなと。
 UFAの一大貢献者といえる存在であったミニモニ。のラストシングルなのに、
 最悪、発売日を遅らせるという手段をしてもよかったかもしれないのに
 そんな簡単な手を打ったというコトに憤りを感じるのですよ。

 昔はね、ねーさんが髪を切っただけなのに
 ジャケ写の撮り直しをしたんですよ、と
 思わずジジイ的な戯れ言を垂らしたくなるくらいだ。

 というわけで、相変わらずユニットに勢力を注がない事務所さまですなと思った次第。
 とはいえ、コレは全部「仮説」が正しかったら、という妄想の世界なんだけどね(w。

 【メルフォレス】

 >名村くん
 すてきなサイトを紹介してくれてどーもありがとー。
 おかげでその日は出社してから丸2時間、あれにかかりっきりになって
 仕事が大幅に遅れてしまったゆ!。・゜(ノД`)゜・。
 いずれなんらかの形で責任は取ってもらうんで覚悟しておいてください(w。


                 4.23 束の間の金欠脱出

 さすがに今日の「二人ゴト」を見たときに
 モノの見事にずっこけたミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 ていうか今日なにもしてないじゃないですか。あり得ないですよマジで(w。
 こうなったらたぁの出てたこの1週間、副音声で美貴帝のツッコミオンパレードとか流してたら
 伝説的な番組になったような気がするんだけどなぁ。実に惜しいなぁ。

 しかし代わりに出てきたえりりんですが。
 ふゴゴッ! キャワワ!(;´Д`) とかそういうのは当然として(w、
 スカート短すぎやしませんか? そうなのか? そういう路線なのか?
 ・・・ま、深夜ですしね。アリだよな。アリですね。うん、アリだアリだ。
 来週は標準録画かなっ♪←いっぺん人生やり直した方がイイと思う

 ▽

 「ちゃんちゃか」は毎回毎回ムニャムニャな方法で
 手に入れてはいるのですが、まだ第1回以外は聴けてない状況で。

 そんな中、今週は点滴を打って臨んだ生放送という
 早くも「オイオイ」みたいなため息をつきたくなるコンデションなのですが
 どうやら柴ちゃん話が炸裂した模様。こりゃ早いトコ確認せんと。
 それと同時にまた早いトコ進めないといけないんですがね、色々と。

 prismはまだ未購入。
 ていうかいま巡回して初めて「今日が発売日だっけ」と確認したゆ_| ̄|○
 ほんまにココまでリリースモノが多すぎるとはっきり言ってついていけませんわな。

 そしてハロショはリニウアル。
 やっと地下に潜って日の当たらない所という、ある意味定位置に落ち着いたというか(w。
 これでギャルに白い目で睨まれながらエレベーターやエスカレーターに
 乗らなくてよくなったわけですね。よかったよかった。

 さいたまオフは結局総参加者数は55人となりましたか。
 やはり50人を超えると「おぉー」と思いますね。よく集まったもんだー。
 会ったことある人は15人。約1/4ですか。ココまで知り合いが少ないオフもヒサブリだ。
 「よっしゃ、ネットワーク広げるかぁ」だなんてなんとなく気合いも入って参りましたゆ。

 てことでしがないメロンヲタがお邪魔するわけですが、
 みなさんどーぞよろしゅうお願いいたします。

 …更新するためだけに書いた日記というのはやはりアレだな(´・ω・`)


                 4.25 少しは落ち着きたいゆー

 ダビスタ04は買ってもやる時間が恐らくなく、
 逆に置いてかれるのが悔しいので購入を見送っている
 ミハルオーです。ちわりんっ♪

 ていうかDQ5もやりたいんだよね、そうなると。
 同時期に名作が重なって出ると時間のやりくりに困るのです。はい。
 ちなみにダビスタは96時代から「見晴(ミハル)牧場」で冠名「ミハル」で固定しております。
 「緑、灰襷、白袖黄一本輪」の勝負服ももはや自分的にはおなじみ。

 馬名は大抵冠名で片づけますが、配合時点から「コレはやったる!」と気合いが入る馬には
 「ベストハーベスト」「ナイスフィーリング」「ウィナーズデジャヴ」
 「シングオンザターフ」「ラストラブレター」 などのそれなりに考えた名前を付けますが、
 えてしてそんな馬が思うようにGIを勝ってくれることなどありません。そんなもんです。

 …てなコトを書いてるとどんどんやりたくなるのでひとまずココまで。

 週末のミハさんですが、金曜は21時出社、土曜の16時に解放され19時間労働。
 帰ってテレビつけて、あやや@ゼルマからなんだかんだでハシゴしまくり、
 IQサプリ→めちゃイケ→仔犬のワルツ と続けたまではよかったんですが
 「ちょっと仮眠してから更新するべ」と横になったのが運の尽き。
 起きたらハロモニのはじまる直前でしたよと。

 おまけに今日も変則出勤で、また21時に会社に行って
 翌日の17時くらいまで拘束されそうなのでこんな時間に更新をするわけであります。

 そんなわけでダラダラと拝謁した番組の感想などを。

 “あやや@ゼルマ”
 番組自体がたいしたことない上にあややもソツがないので特になし。

 “IQサプリ”
 やぐたんはバラエティ要員らしくよく声を出しておりまして、
 そこん所はまずよかったなぁと。梨華ちゃんはその点いまひとつ。
 しかしながら番組自体のテンポが悪すぎてえらいイライラしておりました。
 問題もどこかで見たようなモノのオンパレードで、「8-2=6」以外の問題は
 ほぼ瞬殺で答えがわかっちゃったんですがそれってどうなのよ。

 マジカル頭脳パワーとか、笑っていいともでやってた「世紀末クイズ」の本を
 持ってる人がブレーンにいればクイズ作家全員用無しになるような気がするのですがね。
 あたしゃもっと脳みそをヒィヒィ言わして欲しかったゆ(´・ω・`)。

 この枠の番組というと「平成教育委員会」という名番組が過去にありましたが
 今のところコレと比べること自体が前番組に対して失礼というような気もします。

 “仔犬のワルツ”
 先にこっちを片づけちゃうか。
 この番組に「開局50周年記念」の冠をつけることを決意したその英断に大きな拍手。
 昼や深夜ならともかく、ゴールデンにこの企画で数字を取ろうとしたその姿勢に
 おおきな疑問を禁じ得ないのでありますよ、素直な意見として。
 いや、もちろん見続けますよ? お笑い対象としてですけどね。

 “めちゃイケ「岡女合唱部」”
 矢部の最後の一言、「つんくが思ってるよりあの娘。らコントできるで」が全てを物語ってます。
 それ以前に、ほぼ定期的にあの番組に招聘されることがなによりの証明でもある。
 きっとあの尺ですから、準備期間も何もそれほどなかったと思うんですよ。
 その分岡村先生はまた一生懸命頑張らなきゃならなかったはずですが(w。

 その中で、確実に自分に振られた役割を完璧にこなす娘。さんたち。
 あそこで一番求められるのは「自ら笑い出さないこと」であったはずですが、
 ほぼ全員問題なしでした。そこでまずGJ。

 そしてあの時間ですから、全員に見せ場を作らせてごちゃごちゃになるよりも
 ピンポイントで使う方がより効果的なのは火を見るよりも明らか。
 そしてその役目を振られた人間が、求められたモノに対して
 100点で返してるのがまたあのスキルの高さなのです。

 さっきからPCの小ウィンドウで「(# ^▽^)<ちょっこすみんながおかしくなりますたッ」が
 何回もリピートしてますが、これは何度見ても飽きません。完全にやりきってます。
 そしてなんと言っても美貴帝。「完璧」以外のなにも出てこないわけで。
 こういうバラエティの現場で(彼女にあったモノを用意されてるというのもあるでしょうけど)、
 彼女が大きくハズしたという記憶がほとんどありません。マジでこの娘。はできるコやよ。

 しかしながら、求められた100点に対し150点で返す人間がいるのも娘。の強み。
 笑いの神を極限のタイミングで引きずり出し、あの岡村に「お前は天才か!?」とまで
 言わしめた女、辻希美。嗚呼、まさに「ののたんは奇跡」。

 とまぁ、こんな感じで。
 突っ込んだところはしっかり書いてくださるサイトさんがいらっしゃるでしょうから、
 そこにお任せということで。ぼくからはこんなところでございます。

 ほんと娘。を大事にしたいのはわかるけどさ、囲い込み政策は今更ナンセンスですよね。
 もっと外海に飛び出して色々やらせてみたいですよ。
 ただ、「帰ってくる土地」としてのハロモニは、もちろん残したままでいるべきなんですけど。

 “ハロモニ”
 そして日が明けてこの番組。今回はゲームのルール上、
 暫定王者と思われた美貴帝から亀井嬢に王座が渡ったわけですが、
 これがタイマンガチンコ勝負であったなら、ひょっとして王座防衛なったのかもしれません。

 コーナー当初の「ものすごく泣きそうで困った顔」から始まり、
 途中の「どっちとかないんだよッ」と素で突っ込む必死さを挟み、
 ラストでなっちが「今回の画伯は負けたチームの中から〜」と説明してるときに
 画面の隅っこで「心の底から小躍りしている(としか表現しようがない)」
 美貴帝を見て、あたしゃ彼女を激しく胴上げしたい気持ちに駆られました。

 今度美貴帝&亀ちゃんで「娘。代表」として
 「ぷっすま」の例のコーナーに殴り込みをかけるとイイと思います。
 そこでジャニーズ代表の剛くんと「統一画伯王座決定戦」をぜひ。いやマジで。
 そして深夜のテレ朝視聴者を笑いの奇跡の渦に放りこんでくれ。

 ということで、今日はここまで。さて、仕事いってきまーす。


                 4.27 プロレス最強! と叫びたい日々

 えりりんタイフーンに巻き込まれる危険性を
 なんとなく感じつつあるミハルオーです。こんばんちわりんっ♪
 ココが踏ん張りどころですな。うん、柴ちゃんぼくがんばる。

 下の日記で「行ってきまーす」とか元気に書いてますけど、
 帰ってきたのは翌日22時でした。えぇ、かっきり24時間不眠労働。
 前々日に19時間働いて帰ってきて沈没、起きてふよふよして更新して、
 追われるようにウチを出てそこからノンストップですよ。

 ハッキリ言って生活バランスなんて存在しておりません。・゜(ノД`)゜・。

 「多忙は更新をサボる言い訳にしない」というのがぼくなりの目標ではありますが
 さすがに昨日は帰ってPCの電源をつけようとする気力すら起きなかった。
 それほどシビアな仕事だったってのもあるんですけどね。

 ぼくとしては(それとも大抵は?)体力的なモノはあとからついてくるので、
 精神力が一番肝心だったりするんですが、もうそこから疲弊しておりまして。
 そんな感じでまた一日空いての更新ですわ。
 毎日ブックマークできてくださる方には大変申し訳。

 まぁ二日ぶりの更新だからと言って、大したネタがあるわけでもなく、
 とりあえず事務所からしてモームスだのゴマキだのいうのはどーなのよ、と
 軽く嘆息するくらいが関の山。

 おかげでもうちょい先だ先だと思っているウチに
 あっという間に放送日を迎えてしまっていたゆゆたん主演ドラマ
 「ほーむめーかー」も見事に初日をスルーしてしまうという大失態。

 ようやく第2回の今日から捕捉して何とか追いつこうとしておりますが、
 コレは素直に当たり役引いたなぁと口の端を緩めておりました。
 1日でイイからあんな嫁さん……てなことを言うと柴ちゃんに怒られるから……
 お隣さんが引っ越してこないかしら。

 「あのー、インターネットの設定とか詳しいですかぁ?(クネクネ」

 などと訪ねられてきた日にゃあ、おにーさんハッスルハッスルしちゃいますゆ。
 なぜクネクネしなきゃいけないかは謎だが。欲望ともいうけども。
 ていうかこんなこと書くんじゃ結局柴ちゃんに怒られるなぁとか思った。

 話を戻して。
 主題歌もぼく好みで、じつに中澤ワールドが各方面にいい感じで構成されており
 非の打ち所はまるでナシ。コレは確実に以降のステップにして欲しいところ。

 ただ一つ気になるのは。
 きっとこの曲は、なちコンで初披露になると思うんです(なちドラの主題歌も初披露だろうね)。
 ゲスト扱いのコンサートで初披露ってのはどうなんだろうかな、ってのが正直な気持ち。
 こういう記念すべき曲は、しっかりと自分のソロステージで歌わせてあげたかったなぁと。
 なちコンでやってしまうくらいなら、むしろハロコンまで引っぱってもありだと思うんだけどね。
 つーか、圭ちゃんって可哀想な立場やなぁ(泣。

 そして曲詳細は本日もはアトにアップされたようですが、
 カップリングの曲名が「きっとどこかに赤い糸」。オイオイここまで当て書きですか(w?
 ココまで徹底してるとなんか哀れにも思える感情がわいてくるのですが、
 果たしてこれを歌うねーさんの表情というのをどこかで確認したいモノだ。

 そしてこのもはアト、にわかに寺田の影武者の名前が降臨しております。
 その名は「ゆんく」。

 ………。

 ま、TとYは隣同士のキーですからね。そりゃ間違えることもあるでしょう。
 ていうかちゃんと確認くらいしてかアップするようにした方がイイと思いますよ(ノ∀`)

 てなことでリハビリ代わりの更新(w)も今日はここまで。
 明日も引き続きこんな感じでしょうが、ちょっと趣味めいた話をしようかな。

 【メルフォレス(毎度の亀レス)】

 >メーズルしゃん
 いや、あなたは愛しの梨沙子と相性が良くなるように
 運命を変えるための血のにじむような努力をした方がイイと思います。
 ていうかなにげにあの占いどんどん広がってるなぁ。

 >名村くん
 どうやら明日新シリーズが発表されるらしいですよ、アレ。
 あと報復は網の目をかいくぐるように行いますのでよろ。フフフ。

 >ありゅ
 そういえば昔の日記の「柴ちゃんと疑似同棲生活を企むシリーズ」で
 ダビスタ使ったことあったっけ(w。その時はその繁殖にあげたときに
 ふと我に返ったりしたんだけども。
 ちなみにいまプレステ2を買う理由になる3大ソフトは
 ダビスタ04、DQ5、そしてキン肉マンジェネレーションです。どれもアツイ。

 #さて、それではゆっくりここに書くコトを考えたりしますかな。
 #考えたあげくにたいしたことなくてもご愛敬ということで(w。


                 4.29 おいおい、ただの日記だぞ

 己の不甲斐なさを心から罵りたいミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 昨日はお昼前に出勤。19時から新人の歓迎会があったので
 それに合わせて仕事を終わらせばいいという感じの予定だったため、
 通常であればなんてコトのない1日で終わるはずだったんです。

 ところが16時過ぎに嵐発生。
 ひぇぇぇと汗をかきつつ対処していたらあっという間に18時過ぎ。
 「ち、ちょっと今日は行けそうもないかもしれないかな、なんて…」と
 軽く探りを入れてみたら、案の定というかなんというか、
 「1次会だけ出て戻ってきて終電までにやっちゃえばいいだろが」
 という天使の福音がもたらされ、結局新歓に参加。

 1次会が終了して2次会へ向かう者が大半の中、
 一人そそくさと帰社しようとしたらむんずと背後からぼくを捕まえる手が。
 「まさか帰る気?」と聞いてくる主に「あーうー」と説明を試みたところ
 「明日休みなんだからなんとでもなるだろー」という
 いま考えれば狂気の沙汰とも思える言葉をいただき、力無くうなだれて2次会参加。

 2次会終了が23:15。ここでほとんどの人が帰途についたためぼくも解放。
 23:30に帰社し、結構酒が入った頭で作業を再開したものの、
 終電は23:50。えぇ、さすがに無理です。

 作業が終了次第タクシー飛ばして帰ってもよかったんだけど、
 4,5月は貯金月間と心に決めているので、出費は限りなく抑え、
 2時過ぎには作業が終了したものの、うだうだと社内に居残ることに。

 たとえ草木が眠る丑三つ時だろうと、それなりの人がいるのが我が社内。
 てことで朝方までくだらないトークをしたり深夜テレビを見たり
 適当にネットサーフィンなどしたりして過ごしたりする。

 結局会社を出たのが5時半。帰宅して風呂入って、床についたのが7時過ぎだったのかな。
 「13時頃に起きればいいや」と思いつつ、目覚ましをかけなかったのが運の尽き。

 起きたら外が暗い。
 ふと時計に目をやったら19時ですた_| ̄|○

 なにもしないのもかなり癪だったので、
 意地でよぼよぼと出かけて「prism」と「ブレーメンDVD」を購入。
 帰ってメシ食って、野球ついでに「みなさんのおかげでした」見て、
 そのまま「ブレーメン」を全話見てたらこの時間になりましたよと。

 考えられうる最低な休日の仕方をしたなぁとつくづく思います(つД`)
 当たり前のように「ピーマコ@二人ゴト」もスルーしちゃってるし。

 それにしても、気付いてる人もいるかと思いますが、
 「明日は〜について書くよ」と予告して、その通りになったコトって
 今まで1回もないような(w。わかってたら書かなきゃいいのにね。
 ちょっと練り直しの面もありますので今回は見送らせて頂きます。

 とまれ、1回書いておきたいなと思ってたテーマではあるので、
 いつかは書かせて頂きますよ。いやホントに。それが明日だったらいいなぁ(笑。

 出かけたついでに、昨日不在通知が入ってた
 ごまコン@神奈川チケを郵便局に取りに行ったんですけどね。
 席は14列40番台とまぁ可もなく不可もないところだったんですけども、
 問題は同封されてるアクセス地図。

 未だにJR関内駅からのアクセスしか載せてないって問題なんじゃないの(w?
 確実にみなとみらい線の日本大通り駅から行った方が徒歩5分くらいで行けるでしょ。
 みなさーん、だまされちゃいけませんゆー。

 ごまコンといえば、本日の朝日新聞(朝刊)文化面に作家の書く(亜弥コン評なんだけど)
 ごまコンとの対比評(?)の部分があり、その中でのこのくだり、

 端的に、ごっちんのパフォーマンスは全身で体感するものとしての「ライブ」、
 あややの場合は眼と耳で鑑賞するものとしての「ショー」と捉え得るが、
 これを映像表現に置き換えると「ライブ」は「ドキュメンタリー」となり、「ショー」は「アニメ」となる。

 っていうのには「ちょっと上手いこと言うなぁ」という気になった。
 ていうか天下の朝日新聞に「あやや」ならまだしも「ごっちん」という単語が
 飛び交う日が来たということにおじさんビックリだ。

 さて、そして明後日には娘。コンですが。
 巡回してると意外に「なにがGWだよ、ケッ」とか言ってる皆さんが多いことに
 勤労大国ニッポンの垣間見たりしているわけですが、
 ワタクシも5/3〜5は普通に出勤、その後も5/9、16、23、30の日曜は出勤確定。
 ひょっとすると明けのハズの土曜もどこかで出なきゃダメという結構きつめの予定であります。

 そんな感じでふらふらと今週末さいたまに現れるわけですが、
 2日は例の大型オフ、そして1日もライブ後の予定はすでに埋まって(先約アリ)おりますので、
 馴れ合いたいという方は開演前に捕まえてくれると良い感じです。
 土曜は16時頃、日曜は15時頃には現地に着いてると思います。

 ちなみに土曜夜公演がアリーナ西7列10番台、
 日曜夜公演が200LV 216扉 6列320番台となっておりますが、
 果たして誰がどのタイミングで近くに来てくれるのか、
 全く未予習のため(レポは読んでるけど覚えちゃいないw)楽しみでーす。

 てなコトで今日はこの辺で。
 え? またちゃんちゃかでしばりか話降臨? こりゃ落とさな!

 明日の目標 : 更新するぞー!


                 4.30 とりあえず目標達成

 寝るんだったらはじめから映画見に行こうなんて言い出すんじゃないよ、と
 梨華ちゃんに説教かましたいミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 梨華ろだが落ちてたからまだちゃんちゃか第4回は補完できてないのだ(´・ω・`)。

 どうやらメロンヲタ的には久々の現場となる
 元気DASHの公録が5/11に大阪にて行われるようですが、
 さすがにそんなところにいきなりねじ込まれても対応できる環境にはおりません。
 てことでココは6月のガッツキ月間へ向け素直に諦めようと思っているところですが、
 そうなるともうメロンの情報収入源としてあるのは
 レギュラーラジオの「カラプレ」だけになってしまいます。

 てことで溜めに溜めてたお話をしちゃいますけどね。

 このカラプレ、ぶっちゃけ絶望的につまらない。
 ただ番組が存続し続けてくれることには素直に感謝したいんですけどね、
 スタッフの熱意というヤツが全く感じられないんですよ。
 ホントにただメロンが「しゃべってる」だけ。

 コーナー自体もかなり煮詰まってる感がアリアリだし、
 その割には新コーナーもいつまでたっても募集しないし、
 いったいこの番組に対し何を楽しみにしたらいいのかわからない。
 番組進行が事務的に感じるんですよ。コレじゃ面白く感じるわけがない。

 終わった番組だけど、柴ちゃんの「メロンメロン」も、
 柴ちゃんの話題のスルーの仕方とかゲストへの態度とか、
 限りなくヲタ視線で見ればそりゃ楽しめる部分もあったと思うんだけど、
 番組としてみたときには「なんだこりゃ」ってレベルでしょ。

 柴ちゃんは進行役として、それ以上でもそれ以下でもなく。
 だったら局アナがやってた方がよっぽど番組らしい番組になるんでないの? と。

 「めろんぱ」も、地方の雄・CBC制作で、それなりに面白く作ろうとしてた努力は見えたけど、
 それでもやっぱりマンネリの部分って多くてさ。もうちょっと工夫できたよなぁと。

 ラジオって、リスナーがいるから成立するメディアだと思うんですよ。
 いや当然、他のメディアだって情報の「受け取り手」が存在するから成立してるんだろうけど、
 ラジオ以上にそれを意識するメディアはないでしょってコトで。
 「受け取り手が番組を作れる」というところに最大の特徴があるわけで、
 ふとした投稿から、新しい展開とかコーナーとかをざくざく作って転がしていって、
 作り手も受け取り手も一緒になってヒィヒィ面白がるのが、ラジオ番組の理想型だと思うんです。

 もちろんそれを完璧に作り上げろって言うんじゃないけどね、
 でもそれをやってるよー的なポーズも見せないのはどうなのかと思うわけさ。

 喋り手の発したふとした一言とか、投稿の横っちょに寄せられた何気ない一言から、
 雪だるま的に大きくしちゃってキャイキャイ騒げるのが醍醐味だろ?

 やっぱりね、作られたキャラでもイイし、素の姿でもいい。
 「その人がやってる」「その人じゃなきゃ出せない」 空気を番組から放てなきゃ、
 ラジオ番組としてはB級と言わざるを得ないわけで。
 誰がやっても同じようなことはしてくれるなと。

 何のために喋り手を「パーソナリティ」と呼ぶのか、と
 そこから考え直して欲しいわけです。

 …てなことをココで言ってたって結局なにも変わらないんだろうけどね(w。
 だからなにを要求するかってーと、要はワシを雇えと。もちっと面白くしたるぞと。

 まぁ無理だよな(´・ω・`)

 そんな中、「ちゃんちゃか」には仄かな期待を抱いてるわけですよ。
 あの番組には光を感じます。「石川梨華」がにじみ出る、そんな予感がかなりします。
 ドキミキも同じ匂いはするんだけどね。どう色分けしてくかが見物だなぁ。
 そういう点で言うと、「OH-SO-RO」はいい番組だったよなぁと思うわけですね。
 まぁあれはDがヲタだからってのもあるんだろうけどさ(w。

 ぼくも根っからのラジオ好きな人間ですけど、
 今でもリスペクトしてる面白かった番組は、FM-TOKYO系列でやってた
 「爆裂スーパーファンタジー」ですね。聴いてた人ヲタ界隈で他にいるかなぁ?

 後は基本的にLFの番組が多くて、毎回聞き逃さないように必死だったのは
 「Oh!デカナイト」「サンデーおちゃめナイト」、
 ANNだとウンナン、石川よしひろ、ナイナイ、松村邦洋とかですかね。
 最近のANNはめっきりつまんなくなったよなぁ。

 さぁて、長々と愚痴めいたものを書いてきてしまったが、
 明日はようやく娘。コンでございます。
 夜勤明けの仮眠明けで現場に向かいますので、
 少々眠そうな顔をしていてもご容赦くださいませー。
 それではさいたまで。



log目次へモドル

トップへモドル