8.19 生存報告

 一体何通の「大丈夫〜?」「生きてるか〜?」というメルフォを受け取ったことでせう。
 さすがに自分もここまで更新をあけることになろうとは思ってもいませんでした。

 今までなんだかんだで忙しい忙しいとわめきながらも
 それなりの更新頻度は保っていたのですが、
 今回は見事に約2週間ほったらかしという
 当サイトはじまって以来の大放置をやらかしてしまいまして。

 てなワケで恥ずかしながら戻って参りました。
 どこに出しても恥ずかしい柴ヲタ、ミハルオーでございます。こんばんちわりんっ♪

 さすがに溜めるだけ溜めた分もあり、書くネタもしこたまありますので、
 走召長文更新となりますが適当に付き合ったり付き合わなかったりしてください。

 ◇美浜海遊祭2004 STARLIGHT GIG

 一言で言うとね、「面白かった」「楽しかった」ってよりもしっくりいく言葉があるんですよ。

 「気持ちよかった」。

 それが開放感から来るモノか、高揚感から来るモノか、充足感から来るモノか、
 それともただ単に大量の水をかぶったという物理的な清涼感から来るモノか、
 原因は定かではないんだけれども、とにかくやたら気持ちよかったんですよ。

 野外というシチュエーションのおかげで限りなく外側にベクトルは向くかと思いきや、
 限りなくイイ意味で「凝縮」という形で一旦内に向いたベクトルが一気に外へ爆発したというか。

 間違いなく、ステージの上下を問わず、その場にいた人間が全員
 「精一杯楽しもう」という上向きの気持ちを持っていった結果の、
 あの一体感ではなかったかと思うんです。それにしてもホント熱かった。
 ごっちんとメロンの相性の良さというのも改めて感じられたし。

 ある意味メロンの本ツアーよりも必死になって追いかけていた
 GM03Aを感じる部分(ゲストを含めて)ってのも
 この感想を構築する一端になってるのかもしれませんけどね。

 しかし事前から散々噂に上っていた水柱演出は想像以上でしたね。
 ラストの「スクランブル」になって水鉄砲を持って出てきたメロンを見て、
 「なんだゆー その程度かゆー(´・ω・`)」と思っていたところに、

 大サビで「バシュッ」と言う音と共に目の前が一瞬真っ白に。
 「?」と一瞬首をかしげ、あぁ、真上に水が吹き上がったんだn

 ザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザ

 ぐわぁぁぁぁぁぁぁなんじゃこの大量な水わぁぁぁぁぁぁぁ!?!?!?

 …と言ったような状況。そしてびしょ濡れになっておでこに髪をはっつけたまま
 花道を満面の笑顔で爆走してくるごっちんさん。うわーあんた底抜けのアホやー!!

 あとはもうステージの上と下で水の撃ち合い。
 普通ステージ上の人間(ましてやアイドル)に水をぶっかけて
 キャァキャァ喜んでるライブとかあり得ないから。これをアリにしてしまうのが
 ごっちんコンのスタッフだったりであるんですよね。どこまでやり放題にするんだか(w。

 セットリストにしたっていきなり初っぱなが「涙の星」とか、
 メロンの最初も「恋愛レストラン」とか、一般層置いてきぼり度もハンパなかったし。
 一つのぼくの心残りであった「野外で『デインジャー』」も聴くことも出来たし。

 最後は真上(ホント真上)で花火も炸裂しホントめでたしめでたしと。

 自分の座席ですが、チケットが届いたときには「まぁこんなものか」
 程度にしか思ってなかったんですが、いざ会場について確認してみると
 花道ステージの真横最前と言うことが判明し、にわかにテンパリまして。

 スペースも自分が想像しているよりもありましたし、
 そりゃ近いしでさんざん楽しませて貰いましたよ。

 つまりは
 ごまももぷるぷる
 あゆももぷるぷる
 ひとももぷるぷる
 めぐももぷるぷる
 まさももぶるぶる

 まぁそんな感じだったと言うことで。
 ようやく書いたレポでそんなオチかよというツッコミは一切無視します。

 ◇フットサル

 まずは優勝おめ。やれるだけやっての優勝だけに喜びもひとしおでしょう。

 試合の日は仕事だったりメロンコンだったりで結局見に行くことは出来なかったんですが
 各種レポを読んだり話を聞く上では相当楽しかったようで。
 勝つことをある意味宿命づけられてたプレッシャーというのもあったんでしょうが、
 だからこそ見られるガチな雰囲気というのもまた、
 彼女たちの新しい魅力を発見する一つの要因にもなったんでしょうね。

 そして見事に期待に応える新メンバーと、
 まるでプロレスラーかのように見たいモノを見せてくれる美貴帝のガチッぷりに脱帽しますた。

 しかしだね、大量合格者を輩出したエッグオーディションの中に
 フットサル組が4人いて、しかもうち1人がフットサル固定という話で。
 これがもしスタメンのほとんどを構成してしまったら
 正直「ガッタスとわ?」てな事態になってしまう危険性も秘めているわけですよ。

 そこでだ、前々からワタクシちゃんが声高に訴えているあのプロジェクトも発足させるべきでわ、と。

 すなわち「キックベースチーム結成」ですよ。
 あの伝説番組「夢がMORIMORI」であれだけのブームを作れたのだから、
 今のハロプロだったらもう一波起こせることは間違いないでしょ。

 つーかですね、キックベースってのは走者にボールをぶつけてもアウトが取れる競技ですから、
 鬼の形相で相手の顔面に剛速球を叩きつける美貴帝なんてのが見られるかもしれませんよ!!
 …えぇ、それが大切な目的の一つに間違いないのは認めておきます。

 でもまじめな話で面白いと思うんですけどね。

 ◇Wスタンバイ! コンサート

 セットリスト見た限りでは「えぇー?」と思う面が多いんだけど、
 現場に行った人間にしてみると絶賛の嵐と言うことが多く、
 最近のコンサートってオンラインとオフラインの温度差が激しいことが多いよね、と思うわけですが
 どっちを重要視するかってーと、もちろん現場の空気なワケで。

 ところが今回のWベリツアーは見事にメロンとかぶっておりまして
 なんとか参戦するにしても9月の下旬になってしまうのですが、
 なんとなく事前から心配していたキッズの体力面の問題が早くも露呈してしまったとか。

 キッズたちを責めるのは明らかにお門違い。
 完全にがっつきすぎたスケジュールを組んだ事務所側のミスでしょこれ。
 ましてやこんな猛暑だし、あんたらやれって言われてできんのかよ、と
 思わずスタッフ側に問いつめたくもなりますわね。

 しかしそんな中でも、キャプテン清水の甲斐甲斐しい気丈なコメントも聞かれたりとか、
 確実に彼女(キッズ)達の中に「明日への歯車」が生まれてきているとは思うので、
 これを、ある種の「いい機会」として、糧としてくれたらと思います。

 Wの二人はもう何も心配してないし、
 ぼくが見に行く9月後半の公演では、いろんな壁を乗り越えた
 小さな女の子達と共に、どんな世界を見せてくれるのかを
 楽しみに待ちたいと思います。

 ◇美勇伝

 …いやー、カン梨華ってイイユニットだったよねー、と思わず遠い目をしてしまいますた。
 ジャケットだけならともかく、ファーストインパクトのアー写もまともなモノを用意できないのは
 事務所としてどうなのかとふと思いました。

 しかしだな、あの石川梨華を卒業させてまで活動させるユニットなワケだから、
 石川梨華を輝かせる要因となるユニット方針でなきゃいかんでしょ。
 他の二人の「踏み台」としてだけのユニットでは決していけないとは思いますよ。
 イヤ、まだ全然中身が分からない段階でこういうコト言うのはアレだと思いますけども、
 ちょっといやな予感がしたモンでね。

 ◇今月のおたおめ

 今更になって大変申し訳なんだけども。

 もう見初めてから6年ですよ。早いなぁ。

 なのにもかかわらず、当時と同じくらい、ひょっとしたらそれ以上に
 今でもドキドキしたり出来る輝きを放ち続けてるってことは
 本当にすごいことだと思います。それだか二人が「生きてる」ってことだよね。
 これからも、そのままで。

 Please keep on brightening.

 圭織、なっち、お誕生日おめでとう。

 ◇娘。ラジ宴

 どうやらいつの間にか次の(?)ラジ宴は、ワタクシとMMGPの真里しゃんに
 パーソナリチーのオファーが参りまして、とりあえず承諾はしたワケなんですが。
 いかんせん方向性もなんもかんも全く決まっておりません。

 取り急ぎ想定リスナーってのが両者を知っている、もしくは
 goodwoodとMMGPを両方とも読んでいる人と言うことらしいので、
 該当者とおぼしき皆さんは、なんか「こういうのやってー」とか
 「こういうことしゃべってー」 なんてのがあったら送ってくれたら
 見事に放送に反映されるかもしれないので一つよろしく。

 ただ、念のため釘を刺しておきますけども。

 ラジオドラマはやりませんヽ(`Д´)ノ
 ラジオドラマはやりませんヽ(`Д´)ノ
 ラジオドラマはやりませんヽ(`Д´)ノ

 ◇娘。夏コングッズ

 むー。 パンフDVD以外全く買う気しねー。

 ◇最後に

 川σ_σ||ノ<ミハさんお疲れー。

 つことで明日仙台でお会いする人はヨロ。
 メロンコンについては仙台参戦以降に一気にまとめて(ラストの大阪前に)書くことにします。
 メルフォレスはまた後日。


                 8.21 ようやくそれなりの生活リズムがつかめてきたような

 とりあえずなんだかカラダのあちこちが痛むミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 娘。夏コンのセットリストを拝見しましたが、「おっ」と思う部分の方が大きかったですね。
 12人となった今、その曲を歌う娘。達を見たいと素直に思えました。
 まぁ、実際に見に行けるのは横アリになるので1ヶ月以上もお預けを食らう形になるんですが。

 と、それはおいといて今日はメロンコンの話。
 ファイナル大阪を迎えるまでは極力ネタバレは回避する方向で行きますけども。

 セットリストに関して言えば、
 探り探り行っていたモノを思い切って実行したなという感じ。
 例えば冒頭の2曲とかを、「ボーナス!」の時のように中途半端に持ってくるよりは
 しっかりとドタマに持ってきた方が勢いは確かにつく。

 まぁその分一気に頭が沸騰するヲタさん達もいらっしゃって困ったモノではありますが、
 流れを作る、メロンのペースに持ち込むという意味ではこれは正解でしょう。
 緩急をそれなりにつけ、頭と最後はしっかりと「メロンらしく」盛り上げるという作りは
 ぼくは支持したいと思います。

 基本メロン全員で歌う曲はほとんどがアゲアゲ系で、そこは「メロンらしさ」を
 追求したのではないかと思われますが、それに対してソロ&コンビコーナーが問題と言えば問題。

 ただ歌えばいいってんじゃなくてさ、もうちょっと考えて欲しかったという部分はあるかも。
 とくに二人で歌うカバーコーナーですけどね、なんぼなんでも繋がりなさ過ぎでしょ。
 確かにあの曲を歌う柴ちゃんは鳥肌が立つくらいキレイだけれども。

 だったら「花嫁」とか「真夜中のドア」とか、ライブではまだやってなくて聴きたい曲はいくらでもあるし。
 …やったところでヲタ芸につぶされそうな気もするんだけどね(w。

 あとは「ボーナス!」のときのガルパワ(フラッグプレイ)で見せたような
 「お遊び」が曲中に見られなかったのも「おや?」と思ったんですけどね。
 せっかくああいうところで試行錯誤してたのに、やらないのかぁと。

 ソロとかユニット内ユニットコーナーは生かしてるのに、
 そういうところを切っちゃうのは勿体ないなぁという感じはしました。

 …とまぁ、曲「だけ」を並べるとそれなりに自分としては流れはいいなと思うんだけど、
 合間合間に入るモノでまた微妙に空気が変わってしまうのも残念かも。

 朗読コーナーは、もうちょっとレパートリーを増やしてもイイでしょ。
 「涼しげにする」という一言だけであの曲に拘る必要は特にないと思うし。
 たとえセットリストに入っていたって「香水」をやったってイイだろうし、
 「もう 待てませ〜ん!」だってこういうところに入れたら結構生きると思うんだけどな。

 村柴でやるネタコーナーだって、初公演の広島は
 ツッコミ待ちだったところがやたらあったようだけど、
 ぼくが見に行った神戸からはただ「台本通りやっていく」感が
 強く感じられたのもちょっぴり(´・ω・`)ショボーン。

 さすがにメインの収録会場である東京を終えた新潟・仙台公演を見る限りでは
 かなりレールを外してきて(特に村っち)それはそれでリピーターにはたまりませんが(w。
 …しかし収録公演後に羽目外してくるってごまコンですか? みたいな。

 このネタコーナーも、今までメロンツアーでは風物詩だった
 「映像ネタコーナー」の代替策として生まれたモノの一つだと思うんですけどね。
 今回はその映像もカット。ついでにいえばステージのセットもホント必要最小限で
 「緊縮財政ツアー」だなぁというところが端々に見え隠れするのが何とも悲しい限りではありますな。

 とはいえ、いまはPCに向かって冷静になってるからこんなコト書いてるけど、
 実際現場に行っちゃえば頭に血が上って精一杯ハッチャけてるんですけどね(w。

 しかしながら、やはり客は正直で。

 東京でのZEPP前の客だまりの少なさに小首をかしげ、
 新潟や仙台公演の発券番号数の少なさに度肝を抜かれたように、
 さすがに1枚のアルバムで回るにはツアーをやりすぎた面はあるよな。
 そりゃ必死系以外は普通に足が遠のくでしょ。

 なんぼ小手先は変えて印象を変えてこようとする努力は認めるけど、
 持ってる弾数がそれで増えるということはないわけだし。

 だからこそ、今更言うことでもないんだけど、セカンドアルバムの発売を早急に求めます。
 これはもうシャレにならないところまで来てると思うんですよ。マジな話。

 どんな綺麗な花だって、どんな丈夫な草だって、
 「水」が与えられなければいつかは枯れてしまいます。
 そろそろ、その「限界」は見えてきているような気もするんですけどね。
 ハロプロというシステムは、どうもそのパワーバランスが極端なことが多くて困ります。

 そんなことが来ることは決してないと信じたいんだけど、
 彼女たちがライブを「やる」のではなく「こなす」時が来るときが、
 メロン記念日の最大の危機と思うんですよね。

 …ちょっと長くなってきてしまったので今日はこの辺で。
 次の更新の時は各会場ごとの軽い報告とメルフォレスでも。ためてて申し訳。


                 8.27 20万×1500=3億か。そりゃやるよな。

 寺田光男の中の人も毎回ステキコメントを考えるのは
 辛いだろうなぁと逆に同情しそうになるミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 …てことでまた間があいてしまいましたが。
 色々と諸般の事情というヤツがありまして、各方面があがいておりましたので。
 気が付けばまた危うく1週間ですか。
 毎日毎日ブックマークで来てくださる皆様、どうもありがとうございます&大変申し訳。

 そんなこんなで超今更ながら後浦なつみさんについて。

 テーマが「勢い」ってコトではじめから潔いなって点だけは認めますけどね。
 まぁほかにどんだけそんなことを事前にコメントしてないユニットを作ってきたかって話ですけど。

 「またセクシーか」
 「またラップか」
 「またそんな単純な名前か」

 と、いくらでもツッコミ所がある中、
 さらに出てきたビジュアルを見て皆さん腰を抜かすワケですが、
 そりゃファーストインプレッションからそこまでどん底に落としとけば
 どんなヘボ曲ドロップしたところで大勢に変化なし、という伏線ですか?

 なにより一番納得できねーのはさ、
 大して結果を残したわけでもないプロジェクトに対して
 二匹目のドジョウを探しに行ったところですよ。
 発表の時期も悪すぎるし、リベンジだとしてもその打開策は到底理解出来ないレベル。

 あまりに安直すぎやしませんかね。ある意味素人以下の考えではないのかと。
 寺田氏の定義する「ロック」とやらはぼくには分かりませんし、
 きっとこれからも一生わかんないと思いますけど
 今までやってきたことと比べ、これには全く「ロック」は感じませんでした。
 もうどーにでもすれば、という感じですね。

 第一、出てきた直後から「あ、紅白対策ね」と
 大半のヲタから見抜かれる時点でどっちらけですわ。

 せいぜいヲチ対象として楽しませてもらうことにしますよ。
 応援して肩入れするとしたらとりあえず美勇伝の方ですねぼくは。

 ▽

 いつまでもご家芸の愚痴を垂れてるのもなんなんで(w、
 告知通りにメロンコンの各地簡易レポのようなモノを。
 とはいえ前回の更新で、肝となる部分は大体書いちゃってるんですけどね。

 まずはぼくの初参戦神戸から。
 歴史を感じる(阪神大震災の影響で再建したらしいですけど)建物でしたが
 いかんせん周りが狭すぎましたやね。たまれる場所がないってのは痛かった。

 そして平日とは思えないほどの人の入りにもビックリ。延々と続く当日券入場者の列。
 始まる前から係員からは「もっと詰めてくださーい」との声がかかりいやな予感。
 下手側の前の方に陣取ったのですが、もう始まってからはものすごい圧縮地獄。

 あまりにきつすぎたのでやや後方に移動したら、今度は
 自分の快楽だけ考えて他人を不愉快にさせることは厭わないバカに絡まれたりで散々。
 まぁ結果的には前にがっつくだけがっついた時にある程度楽しめたのでイイとしますけども、
 正直今ツアー初参戦ということで体力の配分を完全に間違えますた(w。
 圧縮での疲労も相まってものすげえ疲労感。ここまでガクガクになったメロンコンもヒサブリですた。

 おあとはほぼ閉店ムードだった中華屋さんの2階を事実上貸切。
 あれだけ飲み食いした割には意外と単価は安かったような気がします。
 途中まで車で送ってもらい、名古屋から朝一の新幹線でそのまま職場へ。
 えぇ、ちなみに前日夜勤明けでそのまま神戸に向かってますので
 途中に1〜2時間の仮眠はありましたけども、合計57時間くらい
 起きっぱなしだったという計算になりますな(w。あたし異常でしょ。

 つづいては東京の昼夜参戦。
 まずはZEPP前の人だまりの少なさに違和感を覚える。
 同日開催のイベントは確かに多めではあったけども、ここまで緩くてイイのかなぁと
 逆にちょっと不安になったりもしてました。

 やっぱり入場してからもそんなにきつくはなく、
 もちろん他の会場に比べると関東圏特有の何とも言えない
 浮き足立っているような感じの「お祭り感」はあるんだけど、
 それでも今までの東京開催に比べれば緩いなぁという感想を抱きましたね。

 昼公演は定位置上手より。なぜかまた村っちにがっつかれたりする(w。
 夜公演は下手よりおまいつ軍団の近く。これはこれで存分に楽しめました。
 やっぱり勝手を知ってる仲が周りに多いとモチベーションもテンションもあがりますやね。

 終わったあとは新橋の某店に寄り、味噌汁に舌鼓を打って解散。

 そして4公演目は新潟。
 cozyさんと新幹線を降りてすぐに合流して駅を出たら豪雨。
 さすがこの夏、雨で世間をにぎわせてる街だけあって(?)、むぅ、などと嘆息をしてみる。
 とりあえず先発隊に連絡を入れてみると会場近くのマクドで暇をつぶしているようなので
 そこに乗り込むことにする。

 しばしの暇つぶしの後、やや小降りになってきたところで会場に。
 チケを入手出来ず(ヤフオク出品なさ過ぎ)当日券狙いで来たモノの、
 開場(=当日券発売時刻)10分前だというのに我々の前には2名。

 そしてそれほど広くはない新潟フェイズの前の広場にはどう多く見積もっても350人。
 さすがに平日の地方ではこんなモノか。発券番号は650番台だったが、
 絶対にそれほど入ってはいなかったと断言出来る。残念ながら。

 そんなこったから最後尾から入場しても会場の中はゆるゆる。
 とりあえず今回は定位置の上手前よりに行こうと歩を進めていったら
 上手側にDQNの集団が固まっており、これを押しのけて前に行くと
 後々面倒なことになりそうだ、と言う第六感が働いたので
 予定を変更して、結局下手前よりのおまいつ軍団の陣取るゾーンへ。

 結果的にはこれが大正解。
 新潟公演って今まで個人的にはいい思い出が全くなかった場所だったけど
 この公演は今までのこのツアーの中では私的ベスト公演。
 熱くて楽しくて面白かった。入れ食い状態だったし。

 帰りはヲタ満載の新幹線で東京まで。ちょっとした副産物もあってイイ一日でした。
 浜名湖へそのまま向かうご一行を見送ってから帰宅、就寝。

 一日空いて仙台。自力チケで50番台という良いところを引いたので
 「こりゃ苦労しなくても自分の望む場所を取れそうだな」とほくほく顔。
 その上「上手側で柴ヲタ連番しよう」とも声をかけられており、
 今ツアーはぼくとしては非常に珍しく下手側ばっかりで見てたので
 これ幸いとばかりに思っていたのだけど、結局会場にはいると下手側に陣取ることに。

 とはいうものの、ご厚意もあって最前列に潜り込ませていただいたので
 そこは感謝感謝なんですけどもね。結局入場は多く見ても800人/キャパ1500くらいかな?
 スタンディングでの最前列というのはぶっちゃけ初めてではあったんだけど
 (2列目とか3列目とかいうのはやたらあるけどね)やっぱりきついね(w。

 端っこの方だと最前列でも全然圧縮は来なかったみたいなんだけど
 いかんせん中央側に入っちゃったモンだからもうギュウギュウですゆ。
 でもやっぱり最前は近い。視界を遮るモノがないというのは強い。

 柴ちゃんは「欠席確認」も無事完了し、ちょいとゴキゲンな感じ。
 なもんでコンサート前半は非常に楽しい思いをさせていただきました。
 が、ふと気付くと悪魔の使いがすぐ後ろに。以降はあんまり見てくれなくなっちゃった(´・ω・`)
 まぁそれまで相当イイ思いをしたから贅沢は申しませんけどね。

 最前で美味しかったというのも十二分にあるけども、
 身体的な損傷度という点を加味しちゃうと(w、ぼく的は仙台よりも新潟の方が「楽しかった」かも。
 …こんなこというとせっかく最前譲ってくれた人に悪いですね。すまんです(汗

 あー、MCに関して言えば、絶対後の方がよく(面白く)なってますよね。

 てことでその日は、北海道にそのまま直行する人間に見送られつつ、帰京。
 再び副産物が転がってきたのでそれなりに対応しておきますた。乙。

 …というのがここまでの参戦歴になりますな。
 現場で馴れ合っていただける皆様や特にお車の手配をしていただけるぽかずさんには
 頭が上がらない思いでございますが、これからも一つよろしくでござんす。

 そんなこんなで、今週末のファイナル大阪もようやく行けるメドが付きました。
 えぇ、正直今日までちょっと微妙でした(w。
 こうやってようやくこぎ着ける現場だからこそまた行けたときに楽しいのであって。

 台風が心配されていますけれど、最高の締めくくりにしたいですね。

 ちょっと長くなりすぎたので今日はここまで。

 それでは明日(明日って言ったな!)は、溜めに溜めたメルフォレス大会。
 ハッキリ言って送った本人も何送ったか覚えてないと思うので(w、
 基本「晒し」でいこうと思います。「やめれー」と言う人はご一報下さいね。


                 8.28 現場の季節ですね

 ハワイやなちコンのセットリストでミラクルが起こりまくってるのを見て
 なんとなく複雑な気分のミハルオーです。こんばんちわりんっ♪

 もちろん見たいモノは見たいんだけど、
 「そこでやっちゃうかぁ」とか「結局そこに行くのかぁ」とか、
 考えちゃいけないような後ろ向きなものも出てきたりしてね。

 きっと現場にいたら飛び跳ねたりするか凍り付いたりするかしてるんだろうけども。

 どちらにしろこの夏はあたしはメロンと共に全国飛び回ってるので。
 ハワイなんてのは元から行けるはずもなかったし、
 なちコンに関しては9月以降でもいくらでもチャンスがあるのでその時に。

 そういえばメロンコンについて追加で一言言うとするならば、
 なんとなく客層に変化が見られるような気がするんですよね。
 毎ツアー過半数公演を見に行って、ほぼ毎回最前ブロックに突っ込んでいる
 ぼくから見たところによると、最近はなんか節操ないのが多いような気がします。

 村っちTをきているのに目の前に来たマサオ君にがっついてるとか、
 これが完全に村っち逆サイドとかならわかるんですけど、そうでもなく。
 ただ単純に「目の前押し」みたいな。だったらそのTシャツはなんやねんと(w。

 あとはガッツキ方がおかしい人も多いような気がしてさ。
 チャンスと思うのはわからんでもないが、どう考えても押すような曲ではないところで
 前に行こうと必死になってもがいてる人を見るとなんだか悲しくなりますゆ。
 そういう人に限って、スペースないところを強引に割ろうとしてて、周りの迷惑も甚だしい。
 ちょっとさ、考えて欲しいよな、と思うところもしばしばあったり。

 ただでさえ「怖い」という先行イメージが走りすぎて
 なかなか新規客が寄りつかないという懸念が発生しやすいメロンコンにおいて
 こういう人たちの存在ってのはちょっと残念ではあります。

 念のため言っておきますけどね、
 最前ブロックにさえ突っ込んでこなければ全然怖くないし、
 それ以後のブロックでもオールスタンディングらしい楽しさと熱さは保証できますよ。
 表情だけを見たいのであれば最前ブロックでなくても充分ですしね。

 なのでそういう理由でメロンコンを回避している人がいるのなら、
 是非是非まず1回は実際に現場に足を運んで欲しいと思います。
 …もちろん、最前ブロックに来るのだったらそれなりの覚悟は
 しといたほうがイイと思いますが(苦笑。

 てことで本日は昨日の予告通りにメルフォレスから。
 うわー、8/7分からたまってるよ(汗

 >イソパラ先生(8/6投稿)
 >10月に高原なんかでやられても寒いだけだよねぇ。
 >言う通りせめて9月にしておけば良かったのに…(苦笑)

 お願いですから事務所上層部に掛けあってください(w。まだ間に合う!!

 >名村氏ぽかずちん(8/7投稿)
 >たぶんどっちも出るでしょ。 水戸は19:00開始なので終演後の出演なら十分間に合いますしね。(名村氏)
 >16:30に渋谷出れば18:45に水戸に着くので、
 >16時の回に出たとしても冒頭挨拶のみなら両方まにあうよー(ぽかずちん)

 …てことは必死現場系はどっちもおさえなきゃいけないわけだ(w。
 …おたがいがんばろーねー(w。

 >takkunさん(8/7投稿)
 >はぅΣ(゜Д゜;) 「水戸組」と「渋谷組」とは思いつかなかったw
 >そうなるとどうすればいいんでしょうw しばちゃんはミハさんの言うとおり水戸濃厚かも、
 >そなると瞳さんは・・・ わかんないよ〜(;´Д⊂)

 まぁ、上の名村氏の指摘通りのスケジュールかもしれませんね。
 てことでこちらもお互い頑張りませう(w。つーか現場で会いまくってるんだから
 そっちで伝えろっていう話もありますわな(汗

 >オールドさん(8/8、8/18、8/20投稿)
 >(美浜は)心配していた割には日差しも強くなく、心地よい風も吹いていて
 >快適な野外ライブだったのではないかと思います。まあ私が年寄りで
 >踊らない(踊れない)人だからかもしれませんが。(笑)
 >どうしても時間の都合でアンコールが始まる前に帰らなければならなかったのですが、
 >アンコールって「やる気〜」以外にも何か歌ったんでしょうか?

 確かに快適すぎるほど快適でしたね。きっと踊る人も踊らない人もそこは共通かと。
 しかしそこで帰られたということはあの伝説の水柱は未経験ということですね。むー残念。
 てことで、もう1曲やったアンコール曲は「スクランブル」でした。
 あ、現在いちおう人並みの健康は保っておりますので。お気遣いどうもです。

 >トロ(8/10投稿)
 >お土産画像(某検閲局により強制加熱滅菌処理)

 あんたはアホか。むしろ見上げたヲタかもしれんが。結局れいにゃれいにゃだね!

 >まこっち(8/12、8/20、8/26投稿)

 そんなオチでしめるのもぼくの可愛いところではないですか。ウッフン。
 ちなみに彼とぼくの間には愛は芽生えようもないので期待はしないで下さい。妄想は可。
 あー、そいえば昼公演チケ無事届きましたゆ。報告遅れて申し訳。

 >支援班長さん(8/9、8/21投稿)
 >先日の浜名湖イベ行ってきました。
 >メロンコン未参戦の私はたいした予習 も出来ず、せいぜい現ツアーリストをメモっておいた程度。
 >それでもなかな か面白い内容でしたね。花を持ったおばちゃんが柴ちゃんの爆レス
 >(スピーカーより前に出て話しかけてました)を貰ってたのが羨ましい限りで。
 >(中略)楽宴にレポを 上げておきましたがメロンコン初心者の私では
 >あそこまで書くのが精一杯。次はぜひツアーコンサに参加してみたいっすね。

 乙でした。やっぱりファーストインパクトではそれなりに、
 お初の人を世界に引き込むだけの吸引力は持ってると思うんですよメロンは。
 非常に心強いコメントどうもです。今度はぜひ本ツアーでお会いしませう。

 >ありゅ(8/13投稿)
 >神戸来てたの? 言ってくれればいろいろと・・・って、仕事でなんもできんけど(笑)
 >まぁ、あんまり体重減ることがないようにね! ・・・って、俺が言うな〜!o(>。<)o

 まぁあたし的にも神戸でゆっくりしてる時間はなかったんで(w。
 最近会えてないですねぇ。体重の心配は確かにありゅにはされたくない(w。

 >DIJ(8/16投稿)
 >おーい!生きてんのかよぉー! 石川さんのおもしろユニットについて愚痴ってくださいゆーw ←そこかよ!

 なんとか生きております。
 そして美勇伝以外にもいくらでも愚痴のネタが転がってるのがハロプロの素晴らしいところだと思います。

 >マベたま(8/20投稿)
 >ラジ宴アイデア

 なるほどね。サンクスです。頭に入れておきますやよー。

 >ひさ(8/20投稿)
 >メロン@神戸のレポは「疫病神ひさたろの御蔭で、自力では拝めないような
 >膨れっ面柴ちゃんが見れて、ちょー萌え萌え」とかそういうレポ書いて下さい。
 >テメーらじゃ、あんな柴チャンの表情引き出せねーだろー(ニヤニヤ
 >あ、仕事御苦労様です。死なない程度に頑張って下さい。

 自分のサイト(神戸レポ)でも、そしてメルフォでもこれだけ煽られて、
 んで昨日やっとこさ打ち返したらその反応ってナニゴト(^_^;? って思ってしまったんですが。
 さんざネタがどうのこうの言ってる割には、まさかまともに受けてるわけじゃなかろーね。

 どっちにしろ、そんな表情を柴ちゃんから引き出したいとも思いませんし第一その必要性もないし、
 つーか「欠席確認」をされないだけでもまだまだだと思いますので、引き続き頑張ればいいと思います。
 明日はなちコン@名古屋だっけ? 直接会いたかったような気もするけどしゃーないですね。

 >HINA.ねーさん(8/20投稿)
 >娘。ラジ宴 私にしゃべらせろ〜!ヽ(`Д´)ノ (嘘

 …電話出演でよければそれなりに考えますが(w?

 >KAZUさん
 >(中略)私はZEPPの昼のみの参戦でした。
 >このライブは他のユニットの曲を歌ったり、歌詞を朗読してみたりと
 >モーニング娘。のライブではやらないようなことばかりで私は単純に楽しめたのですが、
 >リピーターならではの意見を見ると「なるほどなぁ」と思うところも多々ありました。(中略)
 >私にとって今回参戦した「極上メロン」は「もう一度…とは言わずに二度でも三度でも見たい」 と
 >思わせるような素晴らしいライブだったということは断言しておきます。
 >追伸。19日の日記で、「まさもも」だけが「ぷるぷる」ではなく
 >「ぶるぶる」になってるのがすごく気になります(笑)。

 焦点をリピーターに当てるんだったら初心者に当てた方が商業的な興行としては
 正しい選択だとは思うんですが、やはりこういう意見を聞くと素直に嬉しいですね。
 これからもどんどんメロンコンにおいで下さいませ。特に地方公演がお勧めですよ(w。
 まさももに関してはノーコメントで。とりあえず真実ではある、ということで。

 ふー、やっと終わったやよ。さすがにこれだけ一気にやると疲れますわね。

 そういえば、「モーヲタじゃないからだよ」「空気が読めないからだよ」と
 言いたいこと言われていた当サイトですが、管理人さま自らメルフォをいただきまして、
 無事「ほぼモーニング娘。のアンテナ」に登録していただきました。
 お礼が送れて大変申し訳ありませんが迅速な対応ありがとうございました。

 つことで、お先やよー(w>「も」の人

 さー、明日はファイナル大阪だー! 気合い入れてくぞー!

 【告知】

 9/4(土)なちコン夜公演@相模大野のチケが2枚余ってまーす(ぼく名義)。
 席は2F6列50番台の2枚連番。仕事のため撃沈です。
 定価出せとは言いません。価格は充分相談に乗りますので
 もし欲しいという方がいらっしゃればご一報下さいませ。よろしくでーす。


                 8.31 生むということ、生まれるということ

 アンコールのステージで、
 自らの言葉で自らを語る彼女たちが放っていた四色の光は、
 一つの「震動」として確実に伝わってきた。

 何よりも彼女たちが一番よく感じているだろう。
 客の入りが今までと比べて悪いことはステージに立てばわかることだし、
 なにしろ弾数が少ないことはツアー前から火を見るよりも明らかなことだ。

 だからこそ、彼女たちは、
 より彼女たちの思う、彼女たちの色を、彼女たち自身が楽しめるような、
 最高のコンサートを作り上げられるように、努力を積み重ねたはずなのだ。

 その積み重ねた努力が、一つの震動として
 ステージから発せられたのが、あの瞬間だったような気がする。

 と同時に、思い知らされたことがある。

 「偉大なるマンネリ」という便利な言葉を免罪符に
 「妥協」を繰り返していたのは
 他ならぬ自分だけではなかったのかと。

 恥ずかしい。

 彼女たちはいつだって、
 「その向こうに見える世界」に視線を向けていたではないか。

 過去に辛酸をなめつくしていたからこそ、
 その視線を忘れることのない彼女たちに
 自分はそもそも惚れ込んだのではなかったか。

 その場にいることをよしとするような、
 そんなヤワな存在ではなかったハズなんだよな、
 ぼくの大好きなメロン記念日は。

 だから。

 「震動」から「胎動」へ。

 変えてかなくちゃ、いけないんだよね。

 「次へ」。
 「先へ」。
 「前へ」。

 彼女たちが胸を張って歩みを進められるように。
 そして、新しい「何か」を生み出すために。

 その「何か」が生まれる瞬間を、
 メロンとファンのみんなで分かち合えますように。

 ▽

 ありがとう、メロン記念日のみんな。
 みんなのことがもっと好きになれた3週間だったよ。



log目次へモドル

トップへモドル